ニュース
» 2012年11月21日 16時50分 公開

なぜいま復活?:「カプセルQミュージアム」日本の動物コレクションなどを初公開 海洋堂新製品発表会 (1/2)

海洋堂が、1億個以上を売り上げた「日本の動物コレクション」を復活させる。ティラノサウルスや岡本太郎画伯作品なども、カプセルフィギュアで2013年1月20日から。

[種子島健吉,ITmedia]

なぜあのときやめて、なぜいま復活なのか?

 11月20日に東京で行われた海洋堂新製品発表会で海洋堂 代表取締役 宮脇修一氏は、「当時、食玩があまりに増えてしまって、我々としてはおもしろくなくなってしまった」と数々のヒットがありながら食玩から手を引いた理由を述べた。そして、今回、カプセルフィギュアとして復活することになった経緯について、「最近、あまり良いものもないし、(ラインアップも)薄いので、頃合いかなと思った」とも。昨今、中国の彩色職人の賃金が上がったり、なり手が不足していることが、小型の立体造形物の生産を難しくしているという。

画像 海洋堂 代表取締役 宮脇修一氏。「日本の動物コレクション」のニホンザルを例に、その造形の良さをアピールした

 そこで、「カプセルQミュージアム」のフラグシップと位置づける「日本の動物コレクション」では、動物に対する広範な知識と造形者としての技術をあわせ持つ松村しのぶ氏に造形、解説原稿執筆などを依頼し盤石な態勢で挑む。

 そのほかにも1月20日リリース予定の第1弾には、「恐竜発掘記ティラノサウルス」「岡本太郎アートピース集〜光の饗宴〜」と恐竜の中でも人気のティラノサウルスだけのシリーズに加えて、日本人なら知らない人はいないであろう岡本太郎画伯作品と強力なラインアップをそろえ、“数”を販売することでコスト高の中でもシリーズを軌道にのせる戦略を打ち立てた。そして、軌道にのった際には、回虫や細菌、リアル(見ようによってはグロテスク)な人体解剖模型など本来、海洋堂としては作りたかったマニアックな、「何かとんでもないもの」をリリースしたいとの意欲を示した。

 ひと通り、「カプセルQミュージアム」の説明があった後で、ゲストの作家・荒俣宏氏が登場。「私は夜しか起きていなくて、ご近所からしたら何をやっているか分からない人。引っ越しの挨拶に行って『作家をしています』といったら、『ポジションはどこですか?』といわれました」とサッカープレイヤーに間違われたエピソードを披露した。それに対して宮脇氏も「今は『フィギュア』で通じますが、昔は『フィギュア』を作っていますというと『アイスリンクですか?』とか『スケート靴を作ってるんですか?』とかスケート関係の人と必ず間違われていました」と、勘違いエピソードを披露、その当時を考えるといまは製品展開しやすいと語った。

 さらに荒俣氏は、自宅1階のガレージを改造して、棚を作り、海洋堂フィギュアを展示したところ、近所の保育園の子供たちが見にやって来て「おじさん、ゲージュツカだったんだね!」といわれたと海洋堂のフィギュアの思わぬ効能に触れつつ、「最近、もうそろそろ死んでも良いかなと思うんだけど、海洋堂がいろいろたくらんでいるのでもう少し生きていようと思います」と、冗談交じりにエールを贈った。

画像 ゲストの作家、荒俣宏氏(左)は様々な話題を展開しつつも、終始、心底楽しそうだった。リップサービスではなく、海洋堂の立体造形物がかなりお好きな様子

「シークレットあり」と書くようなことはしない

 「カプセルQミュージアム」に、「シークレットがあるのか?」という質問に対して宮脇氏は、「多くのメーカーは『シークレットがあります!』とパッケージにシルエット入りで書くような馬鹿なことをする」と言及。海洋堂はそんなことはせず、「(あくまでも)シークレットはシークレット」と、「カプセルQミュージアム」にも、シークレットが用意されそうなニュアンスを持たせるだけにとどめた。

 ちなみに食玩「日本の動物」シリーズのシークレットであるツチノコは、「初期ツチノコは、舌の造形が細かすぎて折れやすかったので、途中から舌を太くしているんです。だから初期のツチノコは希少価値があるんです」と裏話を語っている。

第1弾 3シリーズ 2013年1月20日リリース

日本の動物コレクション I 東北/北限のサル 全11種 1回300円

画像 「日本の動物コレクション」は、3か月にいちどのリリース。東北編に続く次回は沖縄編の予定

画像画像画像 左からニホンザル、トウホクウサギ冬毛、トウホクウサギ夏毛

画像画像画像 左からマガン、オオマシコ、トウホクサンショウウオ

画像画像画像 左からクニマス、ニホンザリガニ通常色、ニホンザリガニ色彩変異(青)

画像画像 左からキタカブリ通常色、キタカブリ色彩変異(紫)

恐竜発掘記ティラノサウルス 全6種 1回300円

画像 30年にわたって内外の博物館に展示模型を提供してきた海洋堂が、最新の学説に基づいて立体化

画像画像画像 左からティラノサウルス復元(ウロコ復元タイプ)、ティラノサウルス全身骨格、ティラノサウルス頭骨

画像画像画像 左からユウティラヌス復元、ティラノサウルス復元(羽毛復元タイプ)、ティラノサウルス復元(羽毛復元タイプレアカラー版)

岡本太郎アートピース集〜光の饗宴〜 全10種 1回400円

画像 10種のうち5種、「光る彫刻」などがLEDで実際に光る

画像画像画像 左から光る彫刻、光る時計(黒)、光る時計(白)

画像画像画像 左から黄金の顔、火の接吻、パイラ人

画像画像画像 左から岡本太郎と太陽の塔、ティーセット 夢の鳥(青)、ティーセット 夢の鳥(緑)

画像 犬の植木鉢

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」