ニュース
» 2012年12月28日 08時40分 公開

思わずキスしたくなる? 「ARROWS Kiss F-03E」で女の子をかわいく撮るかわいいは正義

「ソラリーマン」や「スクールガール・コンプレックス」などを手掛けるカメラマンの青山裕企氏に「ARROWS Kiss F-03E」を渡してみた。

[ITmedia]
ARROWS Kiss F-03E 「ARROWS Kiss F-03E」のJILL STUARTモデル

 思わずキスしたくなる――。

 突然やってくるその瞬間を、気軽に切り取りたいと思った時、やはり手元にあるスマホで撮影するのが便利。そこで、「ソラリーマン」「スクールガール・コンプレックス」「絶対領域」など、近年話題の写真集を発表している青山裕企(あおやま ゆうき)さんにおもむろに「ARROWS Kiss F-03E」を送りつけ、撮影してもらうことにしました。

 もうお気づきかと思いますが、「ARROWS Kiss F-03E」だから「思わずキスしたくなる瞬間」です。それで、いいんです! キスとかしたくなるのに理由がいらないように、「ARROWS Kiss F-03E」で撮影するのに理由はいりません。青山さんにはどんなところがキスしたくなるのかなどもコメントしていただきました。かわいいは正義!

画像 「袖から手がちょっと出てる“萌え袖”が、ポイント」(あざとい! いきなりあざといです青山さん!)

画像 「公園に落ちている葉っぱを集めてみよう」(なんかそういう無邪気さ、いいですよね)

画像 「視力検査?」(なるほど、そうきましたか。さっきの落ち葉集めからのこれは破壊力あります)

画像 「ふと目を離すと、あんなところに乗っていた! ので、ちょっと体を反らせてみました」(ちょっと高いところにピョンと飛び乗るあたり、もうおじいちゃんが孫を見るような目線で愛でていたいです)

画像 「手の隙間から、瞳」(この瞳に見つめられたらキスしますよ、ええ)

画像 「可愛い変顔って、最高ですよね」(はい、最高です)

画像 「エアギター!」(……え、エアギターだったの?)

画像 「髪を触ってもらいました」(食事をする時に髪をかきあげるあれもいいですよね)

画像 「いーっ」(怒っているんだぞーって言いながら全然笑顔みたいな)

画像 「マフラーで、口元を隠してもらいました。顔の一部を隠すことが、ポイント」(チラリズム的なやつですね)

画像 「寒いので、手を温めてからの……」(からの〜)

画像 「ぎゅっ! と」(アイドルのPVでもお約束の伝統です)

画像 「“越し”に撮ると、可愛さがアップしますよ」(あれですか? なんか隠れておはようからおやすみまで暮らしを見つめる的な?)

画像 「ファッションも、可愛い」(こういう切り取り方、いいですね)

画像 「あっかんべー。ちょっとぎこちないところが、最高です」(さっきの「いーっ」に通ずるものがありますね)

画像 「ベンチに寝てもらったり」(もう絶対すべてゆだねている感じがするじゃないですか)

画像 「ペンギンの真似? してもらったり。棒立ちだけじゃなく、いろいろ動いてもらいましょう」(何気ない動きの中のかわいい瞬間)

画像 「鼻をこする仕草」(てへへってやつですね)

画像 「髪をかきあげてもらうと、ほら、可愛い耳が出ます」(なるほど、髪をかきあげる仕草は耳が垣間見えるのがいいんですね)

画像 「八百屋でみかんを買ってみたので、とりあえず乗せてみましたよ」(なにこれかわいい!)

画像 「『ぱかっ』と剥いてもらって。さりげなく写るタイツも、ポイント」(それを「あーん」って)

画像 「果物を食べてもらう時の表情は、鉄板です!」(なんかエロちっくだったりしますね)

画像 「ごくり」(ごちそうさまでした)

画像 「みんなも、がんばってねー。楽しく撮影してください!」(ありがとうございました)


 「ARROWS Kiss F-03E」といえば、背面のカメラにジルコニアをあしらったり、端末上部が着信時などに光ったりと、いわゆる「全方位きらめくSWEETデザイン」を押し出した女性向けスマートフォン。

画像画像 モデルさんも青山さんに乗せられてさまざまな表情を見せてくれます。より親密だとまた表情や仕草も変わってくるのでしょうね

画像

青山 裕企(あおやま ゆうき)

1978年愛知県名古屋市生まれ。2005年筑波大学人間学類心理学専攻卒業。

2007年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。東京都在住。

「ソラリーマン」「スクールガール・コンプレックス」「絶対領域」「吉高由里子 UWAKI」「僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!」「パイスラッシュ」など、次々と話題の写真集を発表。

サラリーマンや女子高校生など“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作している。

新刊「<彼女>の撮り方」(ミシマ社)では、初のエッセイを執筆。12月に写真集「跳ばずにいられないっ! ソラリーマン・ジャパン・ツアー」(徳間書店)を刊行。

画像画像

画像画像

画像画像


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/07/news105.jpg 「金爆」樽美酒研二、すっぴんの妖艶和装にファン悲鳴 「気絶しそうです」「めまいと動悸してきました」
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/07/news027.jpg 猫ちゃんをお風呂に入れると……「リアクションが薄すぎてほんとに猫か疑うレベル」 お利口すぎるお風呂風景に驚きの声
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/06/news019.jpg 大好きなお兄ちゃんの“彼女”と初対面した柴犬、ライバル出現かとおもいきや…… 和やかな雰囲気に「人懐っこくてかわいい」
  6. /nl/articles/2207/07/news132.jpg 萬田久子、トイプードルの愛犬・カキが10歳で天国へ ファンから別れの言葉寄せられる「いつもかわいい姿に癒されてました」
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  9. /nl/articles/2207/07/news017.jpg おばあちゃんの畑仕事に寄り添うワンコ、落とした葉っぱを持ってきて…… 孫のようなお手伝い風景がほのぼの
  10. /nl/articles/2207/08/news032.jpg 首を切られた時に面白いくらい血が噴き出した少年を祭る神社!? 鹿児島にある「面白殿」の歴史が深かった

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」