ニュース
» 2013年02月12日 11時49分 公開

原寸大スコープドッグに妖怪プロジェクト、ダライアスにアオシマのトイレプラモ、「萌え」とは無関係なリポート編ワンダーフェスティバル2013[冬](1/2 ページ)

「世界最大の造形の祭典」がスローガンのワンフェスですが、昨今はとかくフィギュアやコスプレなど「萌え」要素が注目されがちです。しかし、今回も「それだけではないぞ!」という展示の数々を見てきました。

[種子島健吉,ITmedia]

まずは「PDFクラフト スコープドッグ1/1」の報告

 こちらのフォトリポートでは、愛らしいフィギュアなども紹介されておりますが、前回の筆者のワンフェスのリポートをご覧になった読者諸兄姉のご想像とおり、相変わらず「萌え」要素なしです。

 さてまずは弊誌でも昨年から追いかけており、こちらには出展予告、前日リポート記事が、サンライズ公式「ボトムズBLOG」にも関連記事で掲載されている、大日本技研の「PDFクラフト スコープドッグ1/1」がついに幕張メッセで完成しました、というリポートから。

画像 技研ブーススタッフの皆さんと全高3.8メートルの原寸大「PDFクラフト スコープドッグ1/1」の雄姿。筆者は「これって何メートルあるの?」という来場者の方に間違えて、「5.8メートルです」といってしまった気が……この場でお詫びいたします

画像 とうとう念願かなって、コックピットで大日本技研製「アーマーマグナム」を構える制作者、大日本技研の田中誠二氏。ちなみに降着姿勢をとることはできないので、搭乗には脚立が必要。筆者は脚立を支えながら下から見ていましたが、アニメのように颯爽と、とはいかず大変そうでした

画像 予告どおり、アニメのシーンをイメージした、腕をかついでの記念撮影会も行われました。「スゴイ!」というのと「ホントに作ったの!?」というのとが混ざった、素直な気持ちの発露だと思うのですが、来場者の皆さんからは「笑い」が絶えず、和やかな雰囲気でした

瀬戸内の小豆島、妖怪プロジェクト

 瀬戸内にある香川県の小豆島(しょうどしま)。そこで行われる「小豆島 迷路のまち 妖怪プロジェクト 妖怪造形大賞」関連の出展です。プロジェクトには海洋堂が協力しているということで、審査委員の中に宮脇修一社長の名前もあります。

 小豆島は、瀬戸内海の航路の拠点として、昔から各地の昔話や妖怪話が集まる土地柄。それにちなんで、オリジナル妖怪をテーマとしたオリジナル作品を募集するというコンテストを開催することになったのだそうです。興味を持たれたら、ぜひ公式ホームページをご覧ください。

画像 今回は、自らをキャンバスに妖怪のコスプレで参加していた、画家の柳生忠平(やぎゅう ちゅうべい)氏。小豆島在住で、妖怪プロジェクトの推進メンバーでもある。妖怪(の魅力)に取り憑かれ、最近はもっぱら妖怪をモチーフとした作品を描き続けているらしい。背後のおどろおどろしい屏風(びょうぶ)絵は氏の作品

画像 彫刻家の武本大志(たけもと ひろし)氏は、仏像のような作り方で妖怪作品を制作。素材は木で漆塗り。漆は高価で肌に付くとかぶれるので扱いに難しい。塗料としては、敬遠されがちだが、和のテイスト溢れる独特の深みが出せるなど、味のある彩色が可能だそうだ

画像 柳生氏と同じく武本氏も、妖怪(の魅力)に取り憑かれ、妖怪の彫刻に励んでいるという。架空のものをモチーフにすることで創意する喜びがあるそうだが、創意の部分に自分の実力がハッキリと出てしまう、という怖さもあるそうだ

阿蘇限定、ご当地カプセルフィギュアも限定販売

 本来、阿蘇ファームランドでしか購入できない、阿蘇ファームランド土産「くまもとカプセル紀行」が展示販売されていた。

画像 「くまもとカプセル紀行」は通常、「阿蘇ファームランド」でしか購入できないレアアイテムとあって、何回もトライする来場者も

画像 「くまもとカプセル紀行」は全7種類。どれもが細やかに熊本を再現。さすがの海洋堂クォリティだ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」