スポーツバイクを買ったらその次は? 「仲間を探す」のに最適な方法自転車はガジェットだ!

いざロードバイクを買ってみた!けれども一人でストイックに走るのは根気が必要。SNSを使ってスポーツバイク仲間を見つけよう!

» 2014年12月19日 16時10分 公開
[布施繁樹(撮影協力:奥武蔵自転車旅行社),ITmedia]

 前回はスポーツバイクをどこで買えばいいのかという記事を書いたが、今回はその続き。

 筆者がクロスバイクを購入して、約10カ月間は一人で走る日々が続いていた。フィットネス目的で購入し、健康になる、やせるために走っていたのだが、さすがに1人で走っていると「今日は風が強いからいいか」「なんとなく寝坊したからやめよう」と、なんとなく走らなくなってしまうこともあった。

 筆者以外でも、最初は楽しく乗っていたがそのうち飽きてしまい乗らなくなってしまった人もいるかもしれない。そう、ストイックに続けるには根気や、別の楽しみがいるのだ。

1人で走るのもいいがなんだか寂しいと感じるときもある

 その別の楽しみが、例えば目標としている山(峠)への挑戦でもいいし、出先での食事を目的としてもいい。また、仲間と一緒にライドするのも楽しい。

実は自転車とSNSの相性はバツグン

 今回は、仲間と一緒にライドする方法を紹介しよう。ロードバイクなどのスポーツバイクを趣味にしているサイクリストは、以前は仲間を集めるのがちょっとだけ難しかった。特定の場所で楽しむスノーボードなどのスポーツや、仲間と遊ぶことが前提のサッカーやテニスとは違い、特定の場所ではない公道を1人で走って楽しむことができるためだ。

 また、サイクリストが集まるパン屋といったお店もあるのだが、他の自転車乗りに声をかけるのはちょっと抵抗があるぞ、という人もいることだろう。

 そこで活用したいのが、TwitterやFacebookといったSNSだ。

このようにサイクリングの予定をたてるのもSNSの醍醐味

 スポーツバイク愛好家の数は、最近は増えてきたとはいえ、それほど多くない。そこで交流の場としてにぎわっているのがSNSなのだ。交わされる会話の内容としては、パーツの話題、車体の話題、コースや行った先のスポットの話題が多い。また、週末に一緒に走りましょうという投稿もある。

 筆者もFacebook上で自転車の話題についてほかの人と交流をするようになって、いままで以上にスポーツバイクへの興味が深まった。一緒に走る仲間も増えた。SNSを使うことで共通の話題で盛り上がれることに加え、スポーツバイクへの“飽き”“マンネリ”も防ぐことができる。

 そう、週末にしか走れない、ごく近くにサイクリストがいない、という人にこそSNSを使ってほしい。各SNS上で「ロードバイク」「自転車」などで検索すると、コミュニティも見つかるはずだ。

SNS以外にはプロに頼るのも吉

 しかしながら、SNS上での交流もまだちょっと……初心者だし……という人もいるかもしれない。

 それでも他の人と交流してみたい場合にはプロに頼むのもありだろう。と言っても、交流自体のプロ、という意味ではない。自転車を専門とする旅行社があり、そこに参加するのだ。筆者が参加しているのは、東京都内や埼玉県からアクセスしやすい「奥武蔵自転車旅行社」。

 筆者にとってほかの人とのライドは、実はこの旅行社の企画が初めてだったが、参加してみるとこんなに楽しい世界もあったのかと思えるほど。

筆者がよく参加しているイベント旅行社では初心者歓迎で10代〜80代までのサイクリストが集まる
このように楽しいサイクリング風景を撮影してくれるのもプロだからこそ

 今では何人かの友人もでき、毎日ひんぱんに交流できているほか、エンデューロという時間耐久レースにも旅行社の仲間で参加できるほどになった。そこでは、複数人でのライドマナーや、手信号、安全な道を覚えることができ、自分自身が友人知人と走る際に参考になることも多い。

 また、スポーツバイクをプロショップで購入した場合には、そのショップで走行会というものも行われることがある。初心者向けのものもあると思われるので、それに参加してみるのも良いだろう。

 1人で走っている場合、それなりの目的意識があったり、楽しみを見出したりできないと、モチベーションが下がってしまうことが多い。それを防ぐためにも、SNS活用や、プロのイベントに参加するのが望ましいだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news019.jpg 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  3. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  4. /nl/articles/2405/27/news066.jpg パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
  5. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  6. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  7. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  8. /nl/articles/2405/26/news006.jpg 【今日の計算】「81÷9+31」を計算せよ
  9. /nl/articles/2405/27/news030.jpg 大型ワンコが必死で隠す「最愛の小さな友」 190万再生の友情に「なんて優しい組み合わせ」「心から信頼して甘えてる」
  10. /nl/articles/2405/23/news120.jpg 坊主頭を1年伸ばしたら……  “別人レベルの変化”に530万再生 「たった1年でこんなにも変わるんだ」【伊】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評