ニュース
» 2015年09月25日 06時00分 UPDATE

錦織圭選手のパフォーマンスを引き出す睡眠とは 「エアウィーヴ」8年ぶりのリニューアル (2/2)

[すずまり,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 今後の研究として、10月からスタンフォード大学で臨床研究を行うと発表。エアウィーヴと低反発と交互で睡眠の質を計る、カプセル体温計で体の内部体温を計るなど、今後2〜4年にわたって研究を進める予定だ。

エアウィーヴ 筑波大学 人間総合科学研究科 体育専門学群 体育学 スポーツ医学専攻 医学博士 宮川俊平教授

 筑波大学でスポーツ医学を専攻する、医学博士の宮川俊平教授も高岡氏ととに登壇。コンディションをキーワードに研究開発しているという宮川氏は、「いくら体を直しても、コンディションが悪ければ役に立たない。コンディションの中でも睡眠は非常に大切だ」と説く。「エアウィーヴ」を使って睡眠の質を調査したところ、高反発マットレスが覚醒回数を減少させ、深い睡眠が増えたとグラフを交えて紹介。「姿勢と寝姿勢は深く関わっている。今後も3種類のマットで姿勢の状態をみて、科学的に解明しようと思っている」と話した。

エアウィーヴ 筑波大学とエアウィーヴを使用した際の睡眠について研究を実施したところ、睡眠の質が向上したという
エアウィーヴ 今後は個人に適したマットレスパッドの提供を目指す

錦織圭選手が「睡眠こだわり3カ条」を紹介

エアウィーヴ 錦織選手と季葉さんによるトークセッション
エアウィーヴ 寝心地を試し、「これは旧モデルですね」という錦織選手

 トークセッションでは、CMに出演している錦織圭選手とモデルの季葉さんが登場。錦織選手が実際に横になってエアウィーヴのモデル当てを行ったり、CM撮影時のエピソードなどを披露した。

エアウィーヴ New エアウィーヴに横になる錦織選手

 2009年からエアウィーヴを愛用しているという錦織選手は、「寝返りのしやすさがエアウィーヴのいいところ。睡眠の質が違うため、ないと不安になるくらい染みついている」という。睡眠が趣味だともいい、オフのときは11〜12時間寝てることもあると錦織選手。「アスリートは睡眠が一番の回復の近道。寝るのが一番大事」と力説し、“錦織圭の睡眠こだわり3カ条”として、「寝る2時間前に半身浴をする」「最低9時間以上寝る」「エアウィーヴを使う」の3点を挙げた。

エアウィーヴ 錦織圭の睡眠こだわり3カ条を紹介。寝るときは真っ暗がいいという

 セッション中には、高岡社長から高岡社長から自身の身長と体重をもとに作られた、オリジナルモデルのエアウィーヴをプレゼントされ、顔をほころばせていた。このモデルは、同社が今後計画している、選手の骨格に応じて、個別にカスタマイズしたマットづくりの試験的側面もある模様だ。

エアウィーヴ 高岡氏からオリジナルモデルをプレゼントされる錦織選手
エアウィーヴ 展示会場の様子

 このほか、会場では錦織選手に送られた特別モデルのほか、New エアウィーヴをはじめとした同社のラインアップを展示。また今後のパーソナルモデルの研究に使われるという姿勢測定器PA200や、エアウィーヴによる体圧分散を視覚化できる測定器も展示されていた。

エアウィーヴ 和室用に折りたためるモデルも用意されている
エアウィーヴ 姿勢が測定できる「PA200」
エアウィーヴ 骨格のゆがみが一目瞭然に
エアウィーヴ 背骨や骨盤などのズレが視覚的に確認できる
エアウィーヴ 体圧分散のチェック
エアウィーヴ 極端に沈み込んでいる場所がないのが分かる
エアウィーヴ 錦織選手と季葉さん
エアウィーヴ 左から松田氏、高岡氏、錦織選手、季葉さん、宮川教授
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.