ニュース

令和に復活! 初代「仮面ライダー」、TOKYO MXで10月から放送開始

昭和変身ブームの原点に注目。

 特撮変身ヒーロードラマの金字塔というべき、昭和の仮面ライダーシリーズがTOKYO MXで10月1日から毎週火曜日に放送されることになりました。第1弾はもちろん、藤岡弘、さん主演の初代「仮面ライダー」です。


人気シリーズの原点、「仮面ライダー」10月からTOKYO MXで放送(画像はTOKYO MX Webサイト

 9月からスタートした令和初のライダーシリーズ「仮面ライダーゼロワン」の原点となる初代が放送されたのは1971年。若き科学者で天才レーサーの本郷猛が、秘密結社ショッカーに拉致され改造人間にされるも、脳改造の直前に脱出。その圧倒的な力を手に仮面ライダーとなり、ショッカーに立ち向かうというストーリーです。


変身ヒーローブームをもたらした初代「仮面ライダー」(石森プロ公式サイトから)

 人気に火をつけたおなじみの変身ポーズが登場するのは2号ライダー・一文字隼人の登場以降(第14話から)ですが、怪奇色の強いスリリングな展開が続く初期のエピソードも昭和40年代ならではの重厚さがあり、見ごたえは十分。ダブルライダーの活躍や、ゾル大佐、死神博士、地獄大使など次々に登場する個性的なショッカー幹部、お色気担当のライダーガールズなど、一度見始めたらあとには戻れない不思議な魅力が満載です。個性的なヒューマンギアたちが注目を集める令和の「ゼロワン」と比較しながら見るのも面白いかもしれません。

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.