ニュース

“アナ雪2”も仲間入り! 東京ディズニーリゾートで楽しむ食欲の秋とクリスマス (1/2)

一足早く東京ディズニーリゾートのクリスマスをお届けします。

 東京ディズニーリゾートは早くもクリスマスシーズンに突入。2019年11月8日から12月25日までの48日間、スペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」を開催します。暑い夏が終わったと思ったらハロウィーンを経由して、一気に冬のイベントがやってきます。今回はそのプレスプレビューの様子を一足早く紹介するとともに、過ぎ去った季節(?)を感じられる特別なデザートも紹介しましょう。


青空にクリスマスツリーが映える!

パークではあまり体感できなかった“秋”を、あの映画で感じる

 その前に、東京ディズニーリゾートの季節感について振り返ってみましょう。春は「ディズニー・イースター」として、アメリカでは1日だけのイースター(復活祭)をモチーフにしたイベントを開催、夏は水かけのお祭りをテーマとし、秋は日本でも定着した(?)ハロウィーンがテーマになっています。ハロウィーンもそもそもは10月31日だけのお祭り。パークでは仮装も盛り上がっていました。

 でも、今年はちょっと特別な「秋」が、11月1日からスタートしています。間もなく公開予定の映画「アナと雪の女王2」から、スペシャルなケーキセットとドリンクが登場しているのです。


ディズニーアンバサダーホテル「ハイピリオン・ラウンジ」に登場のスペシャルケーキセットとスペシャルドリンク

 “アナ雪”といえば、レリゴーもとい「冬」のイメージですが、その予告は意外にも「秋」をイメージした映像が使われています。今回のスペシャルドリンクは続編で登場したアナの衣装をイメージした赤色、茶色を取り入れ、秋の紅葉をイメージしたメープルシロップが香るアイスティーです。ちょこんと乗ったミントはアナの瞳をイメージ。


スペシャルドリンク(1300円)は「アナ」の新衣装をイメージ

 そしてスペシャルケーキセットはレモンとレアチーズのタルトに、チェリーのコンフォートをメレンゲで包んだ大変スイートな一品。ブルーキュラソーのゼリーで果物を包み、仕上げは雪を連想させるような一手間を加えてどうぞ。


スペシャルケーキセット(2000円)。この鮮やかな色が、アナ雪=冬という先入観を打ち砕きます

 とっても甘くてフルーティーなスペシャルケーキセットと、ニュールックなアナを印象付けるような秋らしいスペシャルドリンクは、ディズニーアンバサダーホテルのロビーにある「ハイピリオン・ラウンジ」にて、17時から数量限定で提供します(関連リンク:【公式】-映画『アナと雪の女王2』公開記念-東京ディズニーリゾート限定のグッズやメニューを楽しもう!|東京ディズニーリゾート)。

東京ディズニーリゾート全体が、あのころ夢みたクリスマスに

 冬の東京ディズニーリゾートの良さは、なんといっても誰もが安心できるクリスマスの姿がそこにあること。良い意味でのマンネリこそが、東京ディズニーリゾートの冬の醍醐味だと思っています。

 クリスマスシーズンの東京ディズニーリゾート、いちばんのおすすめは歩くこと。いろんなところにとても凝ったデコレーションが用意されていて、ぶらりと歩いて見つけた特別なツリーこそ、今年の思い出として記憶に残るシーンになるはずです。早速、パークを歩いてみましょう。

 東京ディズニーランドでは、ワールドバザールに入るとクリスマスツリーが目に入ります。これを見ると、きっと小さな頃、仲良しと来たときのいつかのクリスマスを思い出すのではないでしょうか。


東京ディズニーランドのクリスマスといえば、この巨大なクリスマスツリー! 2018年は35周年イベントがあったため、久しぶりの凱旋です

子どもたちにも大人気、スティッチもサンタに?

 東京ディズニーシーでも、アメリカンウォーターフロントのS.S.コロンビア号の前に大きなクリスマスツリーが登場します。東京ディズニーシーはオープンして18年。おそらく、このツリーを起点として、新しい思い出がいっぱい生まれるのでしょう。


東京ディズニーシーのメインツリーはS.S.コロンビア号前にあります。ツリーの下には東京ディズニーシーにまつわる、たくさんのプレゼントがありますのでお見逃しのないよう。

こちらはダッフィーたちのいるケープコッドのクリスマスツリー。東京ディズニーシーにはクリスマスツリーがたくさんあるので、大事な人との記念撮影にもってこいです
       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  7. 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  8. 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  9. 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. 「しょくいんがあらわれた!」 市役所のコロナ対策がまさかの「ドラクエ」「ジョジョ」パロディ 鹿児島市に話を聞いた