ニュース

ランサーズ、一部で指摘された“工作疑惑”について「一切ございません」と否定 今後同様のデマには法的措置も

「安倍の声聞いたら元気出た」といったツイートが“世論操作ではないか”と話題になっていました。

advertisement

 ランサーズは4月8日、一部ネットユーザーの間でうわさされていた“工作疑惑”について、「そのような事実は一切ございません」と否定するコメントを発表しました。併せて、今後はこうしたデマについて、刑事告訴も含めた「断固たる措置」を講じていくとしています。

一部ソーシャルメディアでの発信及び事実無根の記載に対する今後の法的対応等について

 発端となったのは、4月7日19時すぎごろから次々と「安倍のインスタライブ見てるナウ~」「コロナこわいけどぉ、安倍の声聞いたら元気出た」といった同一文面のツイートが投稿されはじめたこと(Yahoo!リアルタイム検索)。一連のツイートは、使用されている絵文字も含めて一字一句同じ文面で、しばらくするとネット上では「これがランサーズかな」「ランサーズさん…」など、“ランサーズが世論操作のためにこれらのツイートを一斉投稿させているのでは”――と疑う声が浮上。この件を取り上げたまとめサイトの中には、「ランサーズ=ネット工作請負企業」と説明しているサイトもありました。

問題となっていたツイート群(Yahoo!リアルタイム検索より/画像加工は編集部によるもの)
最初に投稿されたとみられるツイート(画像加工は編集部によるもの)

 コメントの中で、ランサーズはこうした疑惑について「事実無根の記載(デマ)」ときっぱりと否定。政治関連の仕事依頼やステルスマーケティングについては利用規約で禁止しているほか、規約に違反する案件や同社が不適切と判断した案件については即時掲載を中断していると説明しています。

advertisement

 また今後の対応については、サービスに関して誤解を与える可能性が高く、また風評被害も発生していることから、「刑事告訴並びに裁判上の手続も含めた法的対応等の断固たる措置を講じていく」とのこと。

追記:ツイート投稿者に取材しました

 最初のツイートを投稿した人たちに取材し、別途記事化しました。投稿者らによると、「いわゆる『おじさん構文』をコピペしあう、身内同士での“遊び”が広がった結果、思わぬ騒動になった」とのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  2. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. ヨウム「うるさい!」 鳴き続ける猫に怒り心頭のヨウム、流ちょうな人間の言葉での文句に笑いがこみ上げる
  4. 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  5. 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  6. 菊池桃子、振袖姿の19歳長女と2ショット 成人式で“大人の階段”上る娘に感極まり「準備段階なのに泣きそう」
  7. 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  8. 石田ゆり子、ミルクボランティアで子猫を預かる 3時間おきの“授乳姿”に「尊敬します」「素晴らしい」と称賛の声
  9. 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  10. ハナコ岡部、「無限列車編」放送中の“煉獄さんコス”が話題に 「映画に集中できません」とよもやのハプニング