ニュース

未開封のNES版「スーパーマリオブラザーズ」が7300万円で落札される 2020年の1200万円から大幅UP

“海で一滴の水を探すほど希少”な未開封のマリオが超高額で落札。もう、何がなんだか分からない!

advertisement

 米ダラスのオークションハウス「Heritage Auctions(ヘリテージオークションズ)」は4月2日、NES版「スーパーマリオブラザーズ」の新品未開封品が、66万ドル(約7300万円)で落札されたと発表しました

※NES=海外版ファミコン

今回落札された「スーパーマリオブラザーズ」のソフト

 昨年(2020年)、未開封の「スーパーマリオブラザーズ」が1200万円で落札され、ゲームソフト単体では過去最高額に達したことで話題を呼びましたが(関連記事)、今回はその記録を大幅に上回る超高額での落札。世界記録を大幅に更新する結果となりました。

 今回落札されたのは1985年に北米で発売された、NES版「スーパーマリオブラザーズ」のやはり新品未開封品。オークションでの名称は「Super Mario Bros. - Wata 9.6 A+ Sealed [Hangtab, 1 Code, Mid-Production], NES Nintendo 1985 USA」とされており、競売に掛けられるビデオゲームの鑑定を行ったWataGamesによって、9.6というグレードが付けられています。

advertisement

 これは昨年の「Super Mario Bros. - Wata 9.4 A+ Sealed [Hangtab, 3 Code, Mid-Production], NES Nintendo 1985 USA」を超えるグレードです。Heritage Auctionsのビデオゲーム担当ディレクターValarie McLeckie氏によれば、「このパッケージは1986年後半に生産されたもので、ステッカーシールではなくシュリンクラップで封入されているバージョンの中でも初期のものです。任天堂は1987年の初めまでには新しいパッケージに切り替えており、このバージョンはごく短い期間しか生産されませんでした。同様の状態のものを探すのは、海で一滴の水を探すのと似ています」と語っており、このパッケージがどれだけ希少なものなのかがうかがえます。

 こうした高額がつくNES版の「スーパーマリオブラザーズ」については、ファミコンショップグッズ保護活動などを行う、レトロゲームコレクターにしてファミコンショップ研究家、オロチ氏のサイト「ファミコンのネタ!!」で詳しく解説されています。私も全く知らない世界でした。レトロゲームが高額で取引される時代とはいえ、コレクションの世界は本当に底知れぬものがあります。

 ヘリテージによれば、昨年を越える高い価格が付いた理由はヘリテージオークションズがこれまでに提供したつり下げタブ付きの箱でも最高の品質であったことに加え、これまでに提供したなかでもっとも古い「スーパーマリオブラザーズ」のパッケージであったと説明されています。出品ページの説明によると、4番目のバージョンだとか。

 なお、このオークションが行われた4月4日には、ほかにも印象的なソフトの落札がありました。マイク・タイソンが登場する「マイクタイソンのパンチアウト!!」が10万2000ドル(約1129万円)、さらに「ロックマン」が14万4000ドル(1594万円)で落札されています。どちらもとてつもない高額ですが、今回7300万円で取引された「スーパーマリオブラザーズ」が桁違いな数字で世界記録を更新しており、レトロゲームコレクションの奥深さの一端がうかがえる形となっています。

パッケージ裏側

※画像はHeritage Auctionより



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  3. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  6. 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  7. 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  8. パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  10. 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声