ニュース
» 2020年07月14日 16時15分 公開

未開封「スーパーマリオブラザーズ」が1200万円 ソフト単体ではかつてない高額落札 (1/2)

未開封「スーパーマリオブラザーズ」の落札競争は関係者が予想していた以上に盛り上がったそうです。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米ダラスのオークションハウス「Heritage Auctions(ヘリテージオークションズ)」はファミコンソフト「スーパーマリオブラザーズ」が11万4000ドル(約1221万円)で落札されたと発表しました。


未開封「スーパーマリオブラザーズ」が1200万円 ソフト単体ではかつてない高額落札 落札された「スーパーマリオブラザーズ」のソフト

 ゲームソフト単体では過去最高額に達したというこのソフトは、1985年に北米で発売されたファミコン「NES」版スーパーマリオブラザーズ。正確な名称は「Super Mario Bros. - Wata 9.4 A+ Sealed [Hangtab, 3 Code, Mid-Production], NES Nintendo 1985 USA」とされており、スーパーマリオブラザーズシリーズの第1作にあたる作品です。

 これまでになく高い価格が付いた理由は、未開封品であるだけでなく、パッケージ仕様が短期間しか生産されなかったものであるためです。こちらのパッケージはつり下げタブが付いた箱がフィルム包装されています。このことが、任天堂がソフトをフィルム包装するようになったあとの初期バージョンのパッケージであることを裏付けているとのこと(※)。

※20時15分追記:当初「初期段階の生産」としていましたが、正しくは「フィルム包装への変更後の初期段階」でした。お詫びして訂正いたします

 ヘリテージオークションズの関係者は「白熱した落札競争になることはわかっていましたが、ストリーミング配信と電話での競売でこれほど盛り上がるとは思っていませんでした」と驚いていることを語りました。

 また、今回の競売品として、現存する10本以下の1本とされる「スーパーマリオブラザーズ3」初期生産版も登場し、3万8400ドル(約412万円)で落札されました。その他にマイク・タイソンが登場する「パンチアウト!!」や「魂斗羅」などいずれもNES版が出品され、2万ドル前後(約200万円)で落札されています。他作品と比較すると、ソフト単体で1200万円を超える価格で落札されたマリオシリーズ第一作の人気がうかがえます。


未開封「スーパーマリオブラザーズ」が1200万円 ソフト単体ではかつてない高額落札 「スーパーマリオブラザーズ3」

(画像はHeritage Auctionsから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」