ニュース

「まさか大魔神とは!!」 寺田心主演「妖怪大戦争 ガーディアンズ」、55年ぶりに“大魔神”が登場しネット驚き

劇場作品に登場するのは55年ぶり。

advertisement

 寺田心さん主演の映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」(8月13日公開予定)の予告編が公開されました。同作には妖怪に加え、1966年に大映(現・KADOKAWA)が生み出したキャラクター「大魔神」も登場することが発表され、ネットで驚きの声が上がっています。

「妖怪大戦争 ガーディアンズ」本予告

「妖怪大戦争 ガーディアンズ」ポスタービジュアル

 「妖怪大戦争 ガーディアンズ」は、1968年に大映妖怪三部作として製作され、2005年に俳優の神木隆之介さん主演でリメイクされた「妖怪大戦争」の令和版(関連記事)。世界を滅亡に導く存在「妖怪獣」に対抗するため、日本の妖怪たちから協力を要請された主人公の渡辺兄(わたなべけい)は、伝説の妖怪ハンターの後継者として、伝説の武神を復活させるべく戦いへ身を投じることとなります。

 同作に、“一度暴れだしたら100年はその怒りが収まらない”と言われながらも、妖怪獣に対する最後の切り札として登場するのが「大魔神」。普段は穏やかな表情の武神像として祀られながらも、怒りが頂点に達すると憤怒の形相で破壊の限りを尽くし、民衆を苦しめる悪人を制裁するキャラクターです。「大魔神」シリーズは1966年に特撮時代劇として3作が公開され、2010年には現代を舞台とした特撮ドラマ「大魔神カノン」が放送されました。

advertisement

渡辺兄弟だけが復活させられる大魔神

シリーズ第2作目「大魔神怒る」(C)KADOKAWA1966

 また、6月11日からグッズ付きムビチケカードの販売を開始。同作の公開を記念し、大魔神三部作や1968年版、2005年版の「妖怪大戦争」などを一挙上映するイベント「妖怪・特撮映画祭」が7月に開催される予定です。

 大魔神が劇場作品に登場するのは55年ぶり。ネットでは「まさか大魔神とは!!」「妖怪との対決は熱い」「鬼の形相の大魔神が観れるのか……」「大魔神の活躍を見守りたい」との感想に加え、「あの御顔と血走る目は、真似出来ません」「主役の作品も新たに作られたら最高!」「完全新作大魔神が復活しないかな?」など、歴代シリーズの思い出や、新作への期待の声などさまざまな反応が寄せられています。

(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  2. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  3. 2歳娘のイヤイヤが大爆発、そのとき母は…… “即効で態度が軟化した”対処法を描いた漫画が参考になる
  4. 見た目は女子高生、中身はおじさん おじさんが少女漫画の世界に転生するラブコメ漫画にクスッとしてキュン
  5. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  6. 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  7. 黒柳徹子、50年前のアラフォー写真が「可愛い」と自画自賛モノ オシャレに決めた格好に「時空を超えてる」
  8. 「もういいかげんにしろよ!」 中川翔子、Twitterでの“ウソつき”呼ばわりに憤激
  9. “面倒な手続き”が娯楽になった未来の漫画が興味深い 客「手書き? 捺印? 現金払い!? 不便でおもしれー!」
  10. 失踪騒動の門倉健、YouTubeで謝罪動画を公開 「野球一筋で生きてきた私に……」と涙ぐむ姿も