ニュース

ラブリ、強制わいせつ疑惑に不起訴処分 8カ月ぶりのインスタ投稿で一部報道へ「深い憤りに震えた」

2021年1月に知人女性への性加害を報じられていました。

advertisement

 強制わいせつの疑いが掛けられたモデルのラブリさんが4月1日にInstagramを更新。3月31日付で嫌疑不十分を理由に不起訴処分となったことを受け、この一件を報じた「週刊文春」の姿勢を厳しく批判しています。


不起訴処分となったラブリさん(画像はラブリInstagramから)

 「週刊文春電子版」は2021年1月20日に、ラブリさんの知人女性が強制わいせつの被害を受けたと訴える記事を掲載。ラブリさんが進めるプロジェクトの責任者を務めていた女性は、2019年5月にホテルへ宿泊した際、性被害を受けたとしており、重度のPTSD(心的外傷ストレス障害)で自宅療養することになったとのこと。8月に被害届と告訴状を提出した結果、ラブリさんは2020年3月に書類送検されたといいます。

 なお、ラブリさん側は「客観的事実はこちらの認識とは違います」「犯罪行為はありませんでした」と強調しつつ、慰謝料ではなく解決金として500万円を支払うとしましたが、女性は示談を拒否したとのこと。捜査中の案件が不起訴になった場合は、検察審査会に審査を申し立てるとしたそうです。

advertisement

 ラブリさんは報道の後、2021年7月に情報配信サービス「note」へ長文を掲載。「週刊文春」の当該記事を「事実とあまりにもかけ離れているし、嘘で綺麗に固められてしまっている」「聞いといて、逃げて、聞いたことをゴミ箱に捨てて知らんぷりで出すってあんまりだよ」と非難し、「私はこれまでの私という時間を失った。正直とてもじゃないくらい傷ついた」と半年間の間に受けたダメージの深さをつづっていました。

同時に更新したInstagramの投稿でもメディアを非難

 「週刊文春」の記事掲載から1年以上経過し、強制わいせつ疑惑に不起訴処分が下った後、ラブリさんはおよそ8カ月ぶりにInstagramを更新。

 「今日という日を待っていました」「お伝えするまでに長い時間が経ちましたが今日という日まで伝えたい言葉を忘れたことはありません」と前置きした上で、今回の一件を“あまりにも私の理解を超えたもの”だとし、「可能な限り相手方を理解しようと試みましたが、対話は叶いませんでした」「相手方から代理人弁護士を通して一度目の金銭の要求があり、それを拒んだ直後、週刊誌に報道されてしまいました」と、自身の視点から報道に至るまでの経緯を説明しました。

 「週刊文春」に対しては、資料を提示しつつ誠意を持って対応したにもかかわらず、“いわゆる数字が取れる方向で書かれた事実とは異なる卑劣な記事”を掲載されたといい、「深い憤りに震えた瞬間を今も覚えています」と当時の心情を赤裸々に回想。

 「正義を差し出す場所を一歩間違えてしまえば、誠実な心は満たされず、むしろ正義とはかけ離れ、歪んだ空気が自らに逆流し続けてしまうのではないでしょうか」とその報道姿勢を厳しく批判するとともに、家族に平穏な時間が戻ってくることに安堵(あんど)していました。

advertisement

ラブリさんと映像作家の夫・米倉強太さん(画像はラブリInstagramから)

娘との2ショット(画像はラブリInstagramから)

関連キーワード

週刊文春 | わいせつ事件・情報 | 雑誌

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  4. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  6. “仕事猫”グッズが現場に次々進出中 導入のきっかけや現場での評判を中災防に聞いてみた
  7. 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  8. 「じいちゃん、すまほを、かいました」 はじめてスマホを買ったおじいちゃんから届いたLINEが思わず笑ってしまうかわいさ
  9. “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  10. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた