ニュース
» 2008年08月04日 15時32分 公開

がくっぽいど、発売3日でニコニコに200曲 PVや「歌ってみた」もねとらぼ

「がくっぽいど」発売直後から、がくっぽいどに歌わせた楽曲がニコニコ動画に続々と投稿されている。「初音ミク」ブームと同様の現象が早回しで広がっている印象だ。

[ITmedia]
画像 「がくっぽいど」検索結果

 Gacktさんの声をもとにした合成音声で歌うソフト「がくっぽいど」が7月31日に発売され、「ニコニコ動画」にはその直後から、がくっぽいどに歌わせた楽曲が多く投稿されている。楽曲作者とは別の人がプロモーション映像を作ってアップしている例もあり、「初音ミク」ブームと同様の現象が早回しで広がっている印象だ。

 がくっぽいどは、ヤマハの技術「VOCALOID2」を活用してDTMソフトメーカーのインターネットが開発したソフト。同じVOCALOID2を使ったクリプトン・フューチャー・メディアの「初音ミク」「鏡音リン・レン」よりも人間の肉声に近い生々しい声になっており、「自然に歌える」とユーザーからの評価も高い。

 初音ミクなどVOCALOIDを使って楽曲製作・発表を行っていた「P」(プロデューサー)たちは、発売前からがくっぽいど用楽曲を用意していたようで、「ニコニコ動画」にはすでに多くの楽曲が投稿されている。「がくっぽいど」のタグが付いた動画は8月4日現在約300あり、このうちがくっぽいどを使った楽曲は200程度あるようだ。

 がくっぽいどのために作られたオリジナル楽曲も多く「がくぽオリジナル曲」のタグが付いた動画は約60。再生数が最も多いのは、7月31日に投稿された「ダンシング☆サムライ」(カニミソPことmathruさん作)で、ノリのいいダンスミュージックに、ユーモアある歌詞、ゆるい雰囲気の動画が付いており、14万回以上再生されている。

 楽曲を聞いて感動した人がプロモーションビデオを作り、楽曲と合わせてアップしたり、その楽曲を自ら歌ってアップするという動きもすでに出ており、例えば「喪失モノクローム」(otetsuさん作)という楽曲には、イラストと写真を組み合わせた動画(藤代叶さん作)が付けられているほか、「ダンシング☆サムライ」や「喪失モノクローム」を自分の声で歌ってアップしている動画もいくつか投稿されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響