ニュース
» 2011年05月24日 20時22分 公開

プチプチから節電、トランスフォームしそうな大型重機まで――「2011NEW環境展」に行ってきた

国内最大級の環境展示会「2011NEW環境展」が東京ビッグサイトで開幕した。電力不足に備えた対策やエコな“プチプチ”など、さまざまな技術や製品が展示されている。

[山本恵太,ITmedia]

 東京ビッグサイトで5月24日、国内最大級のビジネス向け環境展示会「2011NEW環境展」が開幕した。東日本大震災の影響による電力不足が予測される中、節電対策の技術やシステムに注目が集まっていた。

今年は「夏の節電対策」が注目のキーワード

 会場全体で目立っていたのがミストの放出装置。商業スペースや工場、倉庫内での熱中症対策に役立つという。ニューヨーでは移動式のレンタル噴霧器を展示していた。扇風機型は音も静かで1カ月の料金も数万円と、店舗での利用にも適しているという。


 新エネルギーへの注目を反映するように、人だかりができていたのは風力発電機や海流発電機を展示していたループウイングだ。羽がリボンのような独特の形をしている風力発電機は、静音性や低風速での起動に優れているだけでなく、「怖さ」を感じさせないよう見た目にも配慮したという。


 服に直接ファンが付いた「空調服」も注目されていた展示。ファンで服の中に外気を取り込み、汗を蒸発させて気化熱で体を冷やす仕組みだ。屋外、屋内問わず作業しながらでも冷却効果を得られるのが特徴だ。オフィス向けの空調ざぶとんも販売されている。


環境のためにプチプチしましょう

 プチプチだらけのブースで人目を引いていたのが「プチプチ」の登録商標を持つ川上産業。従来のプチプチより14%軽量化した「ダイエットプチ」やプチプチを巻くための芯(紙管)をなくした「コアレスプチ」、完全生分解性で土に返る「グリーンプチ」など環境に優しいプチプチを開発している。

 再生原料メーカーとの協力でプチプチを再生利用する「ループリサイクル」も進めている。循環型にすることで、新たなプチプチを使用するよりCO2排出量を約66%削減できるという。ちなみに、「輸送効率が高まるため、使用後のプチプチは積極的につぶしてください」とのこと。

リニアの原理で空き缶が吹っ飛んだ


 ものすごい勢いで吹っ飛ぶアルミ缶たち。電磁誘導の原理を利用したアルミ選別機を展示するのは日本マグネティックスだ。展示パネルの説明によると、搬送コンベアの先端のドラムに内蔵された超強力な永久磁石を高速回転させるとドラム表面に強力な交番磁界が発生する。このエリアにアルミが通ると、アルミに電磁誘導現象が起きて、渦電流が発生し、この電流と磁界の働き(フレミング左手の法則)で前方に遠く跳ぶ、とのこと。

 フレミング左手の法則……。一瞬意識が飛びそうになったので、ブーススタッフに助けを求めたところ、「リニアモーターカーと同じ原理です」と教えてくれた。なるほど。

トランスフォームしそうな“はたらくくるま”たち

 会場には大型重機も多数展示されていた。

自走式破砕機「MC-6000」(モロオカ)。ドラムの中に投入した木材がぐるんぐるん回りながら、小さくなる
残材圧縮結束装置バンドラー「BM601」(中外テクノス)。林地の残材を運搬しやすくすることで、バイオマスエネルギーへの利用に役立つ
参考出品されていた住友建機の「SH120-5MH」
一軸低速回転破砕機「DW 3060 K」(トップシュタット)
シティークリーナー「MC 50」(ケルヒャー)。街用の掃除機はデザインが顔のよう。ヒゲのようなブラシもついて、子どもにうけそうだ
双腕仕様機「ASTACO-NEO」(日立建機)。2つの腕で、分離や選別など細かな作業を可能にする。長万部町のゆるキャラ「まんべくん」(@manbe_kun)に似ているような気も……

 NEW環境展は5月27日までの4日間まで開催される。同時開催の「地球温暖化防止展」と合わせて約550社が出展し、約20万人の来場を見込む。入場料は1000円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙