インタビュー
» 2011年06月01日 19時25分 公開

高橋名人はいつまでも“名人”です――転職してみてどうですか?高橋名人に聞いてみた

6月1日、ハドソンを退職した高橋名人がゲッチャ・コミュニケーションズに入社。これから何をするのか聞いてみた。

[加藤亘,ITmedia]
この度、ゲッチャ・コミュニケーションズで名人に就任した高橋名人

 「今日はずっと外出していて、まだブログやTwitterの反応を確認していないんですよ」――高橋名人はいつもの人懐っこい笑顔で、自らの去就について世間がどう反応しているのかを聞いてきた。

 5月31日、兼ねてからブログで報告していたとおり、高橋名人(高橋利幸さん)は1982年から務めていたハドソンを退社。翌6月1日にゲッチャ・コミュニケーションズに入社したと報告した(高橋名人、華麗に転身―― 新しい会社に入社しました)。

 「今後もゲームに関わる仕事をしたかったし、(なんのしがらみのない位置から)ゲームに対してモノを言えるほうがいい」と、今後はゲッチャのレギュラー番組を続けることに意欲を見せる。出版や芸能など、基本的に仕事を変えることは無理だろうし、ゲームにお世話になってきた身として、縁の下の力持ちとして盛り上げていきたいという恩返しの気持ちもある。

 ハドソンは今年3月、希望退職者を募集する人員削減案を発表。発売リストからコンシューマータイトルが消える事態に陥った。高橋名人はコンシューマーがないハドソンにおいて、自分のいる場所がなくなったような気がしたと、希望退職に応募しようと思い立った。ちょうどその時、ゲッチャにおいて番組を持っていたこともあり、相談することができたと振り返る。いくつかのソフトメーカーなどからも引き合いはあったが、決め手は「一番最初に声をかけてもらったから」とか。

 ちなみに、取材時にもらった名刺にはしっかりと「名人」という役職名が刷られていた。ハドソンが「高橋名人」という商標を押さえているため、今後「高橋名人」と称することができないのではないかという危惧があった。しかし、ハドソンとの交渉の結果、個人で使用する分には問題はないというお墨付きをもらったそうだ。一応、ゲッチャに移った際、役職として使用するのであれば部長や課長と同様にどこでも使えるという計算もあったと明かす。


名人の名刺ゲット! “名人”の呼称は26年間使っているので、今さら使えないというのは本人も考えていなかった。ただし、ゲームやグッズで使用する際は要相談、らしい(※了承を得て名刺を公開しています)

 今後何をやるのだろうか? 今は既存の番組以外は特に決まっていないらしい。あるゲーム雑誌から連載コーナーをという話もあるが、すべてはこれからと楽しそうだ。メーカーの制限がなくなった今となっては、宣伝マンとしても関わっていけるし、番組でもさまざまなゲームを紹介できる。「しばらくは模索しながらいろいろ手を出してみて、大人の事情でダメなら手を引けばいい」と奔放だ。

 1986年〜1987年にテレビ東京で放映された「高橋名人の面白ランド」のような、テレビゲームだけでなく、さまざまな遊びを紹介していきたいと高橋名人。「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両さんのような存在になれたら理想だと語る。ネット番組ならではのダウンロードコンテンツも作ってみたいし、オフラインイベントも考えていると夢は尽きない。チャリティーイベントとしてゲーム大会を定期的に開き、徐々にファンとの交流を持ち、裾野を広げていく場も作りたいとも。

 高橋名人といえば、「ゲームは1日1時間」の名セリフにあるように、当時から子供のヒーローだった。ゲッチャ的にもそういう立ち位置にいてほしいという希望もあったという。高橋名人はこれからもゲームに向き合い、“名人”としてゲームに関わり続けていく。

高橋名人のイメージカラーは白。だからブログも白基調になった。「黄色も好きだが、ハドソンっぽいからなー」とのこと。自身のブログは継続して運用していく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい