インタビュー
» 2011年06月01日 19時25分 公開

高橋名人はいつまでも“名人”です――転職してみてどうですか?高橋名人に聞いてみた

6月1日、ハドソンを退職した高橋名人がゲッチャ・コミュニケーションズに入社。これから何をするのか聞いてみた。

[加藤亘,ITmedia]
この度、ゲッチャ・コミュニケーションズで名人に就任した高橋名人

 「今日はずっと外出していて、まだブログやTwitterの反応を確認していないんですよ」――高橋名人はいつもの人懐っこい笑顔で、自らの去就について世間がどう反応しているのかを聞いてきた。

 5月31日、兼ねてからブログで報告していたとおり、高橋名人(高橋利幸さん)は1982年から務めていたハドソンを退社。翌6月1日にゲッチャ・コミュニケーションズに入社したと報告した(高橋名人、華麗に転身―― 新しい会社に入社しました)。

 「今後もゲームに関わる仕事をしたかったし、(なんのしがらみのない位置から)ゲームに対してモノを言えるほうがいい」と、今後はゲッチャのレギュラー番組を続けることに意欲を見せる。出版や芸能など、基本的に仕事を変えることは無理だろうし、ゲームにお世話になってきた身として、縁の下の力持ちとして盛り上げていきたいという恩返しの気持ちもある。

 ハドソンは今年3月、希望退職者を募集する人員削減案を発表。発売リストからコンシューマータイトルが消える事態に陥った。高橋名人はコンシューマーがないハドソンにおいて、自分のいる場所がなくなったような気がしたと、希望退職に応募しようと思い立った。ちょうどその時、ゲッチャにおいて番組を持っていたこともあり、相談することができたと振り返る。いくつかのソフトメーカーなどからも引き合いはあったが、決め手は「一番最初に声をかけてもらったから」とか。

 ちなみに、取材時にもらった名刺にはしっかりと「名人」という役職名が刷られていた。ハドソンが「高橋名人」という商標を押さえているため、今後「高橋名人」と称することができないのではないかという危惧があった。しかし、ハドソンとの交渉の結果、個人で使用する分には問題はないというお墨付きをもらったそうだ。一応、ゲッチャに移った際、役職として使用するのであれば部長や課長と同様にどこでも使えるという計算もあったと明かす。


名人の名刺ゲット! “名人”の呼称は26年間使っているので、今さら使えないというのは本人も考えていなかった。ただし、ゲームやグッズで使用する際は要相談、らしい(※了承を得て名刺を公開しています)

 今後何をやるのだろうか? 今は既存の番組以外は特に決まっていないらしい。あるゲーム雑誌から連載コーナーをという話もあるが、すべてはこれからと楽しそうだ。メーカーの制限がなくなった今となっては、宣伝マンとしても関わっていけるし、番組でもさまざまなゲームを紹介できる。「しばらくは模索しながらいろいろ手を出してみて、大人の事情でダメなら手を引けばいい」と奔放だ。

 1986年〜1987年にテレビ東京で放映された「高橋名人の面白ランド」のような、テレビゲームだけでなく、さまざまな遊びを紹介していきたいと高橋名人。「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両さんのような存在になれたら理想だと語る。ネット番組ならではのダウンロードコンテンツも作ってみたいし、オフラインイベントも考えていると夢は尽きない。チャリティーイベントとしてゲーム大会を定期的に開き、徐々にファンとの交流を持ち、裾野を広げていく場も作りたいとも。

 高橋名人といえば、「ゲームは1日1時間」の名セリフにあるように、当時から子供のヒーローだった。ゲッチャ的にもそういう立ち位置にいてほしいという希望もあったという。高橋名人はこれからもゲームに向き合い、“名人”としてゲームに関わり続けていく。

高橋名人のイメージカラーは白。だからブログも白基調になった。「黄色も好きだが、ハドソンっぽいからなー」とのこと。自身のブログは継続して運用していく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる