ニュース
» 2011年06月08日 18時50分 公開

「中毒になるくらい毎日遊んでます」――モデル・SHELLYさんが教えてくれたFacebookの楽しみ方

Facebookの新サービス発表会に登場したモデルのSHELLYさんが魅力を語った。写真の共有やいいね!ボタンなどを使って、なかなか会えない友達とも、よく会っている友達とも楽しんでいるという。

[山本恵太,ITmedia]

 Facebookの新サービス「チェックインクーポン」の発表会にモデルのSHELLYとユージさんが登場。「中毒になるくらい毎日Facebookで遊んでます」というSHELLYさんが、Facebookの楽しみ方を語った。

モデルのSHELLYさんとユージさん

 「こういった仕事をしてると、いろんな情報をいち早くキャッチしなくちゃいけないじゃないですか」とFacebookを使いこなしているSHELLYさんは語る。一方ユージさんは「もちろんFacebookやってますよね?」と聞かれて、「もちろん知ってますよFacebook……。ごめんなさい、やってないです」。友達で使っている人は多く興味は持っているのだが、始めるきっかけがなかったという。

 海外に友達が多いSHELLYさんは「なかなか会えない友達と近況報告をするのに便利」と話す。Facebookのユーザー数は全世界で5億人を超えており、その数は増え続けている。一方で、「しょっちゅう会ってる友達ともすごい使う」という。特に写真の共有に使うことが多いそうだ。そこでユージさんは「え、写真を共有できるんですか?」と質問。SHELLYさんに「そこからー?」と笑われてしまった。

 「例えば10人くらいで遊んで、そのときの写真を自分のページにアップし(て写真に友達の名前をタグ付けし)たら、タグ付けした友達にそれが通知されるから一人一人に送る必要がないの」とSHELLYさん(注:写真のアップは、公開範囲に応じてタグ付けしていない友達にも通知される)。写真に写った人の顔に名前をタグ付けできるため、知り合ったばかりの人の名前が思い出せないときも、タグ付けされた写真ですぐ確認することができる。実名制を掲げるFacebookならではの機能と言える。

 イベント中盤からはFacebookの森岡康一日本副代表が登場。「Facebookは実名制なので、例えば昔の友達がFacebookに登録するとすぐつながることができます。昔の思い出話をしたり、近況を共有することもできます」と話すと、ユージさんは「もしかして高校3年間片思いだったあの子も見つかるかもしれないんですか? アメリカでハリウッド俳優やってる俺のおやじとも連絡とれるんですか? 何で今までFacebookやってなかったんだろう!」と始めるきっかけを見つけた様子。

 SHELLYさんも、「小学校ときの友達と今更メールしても、何書こうみたいなところあるじゃないですか。それがFacebookだと、その人の近況を読んでいるだけで、あの子は今こういうことしてるんだとか、こういうところに住んでるんだってのがわかるので、便利なんです」と語る。

「いいね!」と「スポット」

「なかなか近いですねー。撮れてますかー?」とSHELLYさん

 Facebookの特徴的な機能の一つに「いいね!」ボタンがある。SHELLYさんは、「いいね!って押すだけで押されたほうも、あっいいね!って言ってもらえた!とコミュニケーションを取ることができるんです。例えば、レディー・ガガの曲いいよねーって思ったらビデオのリンクを自分のページに貼ります。それを見た友達が、またいいね!って押してくれる。情報がすごい簡単に交換できる」と説明。ユージさんは「俺マメじゃないから、みんなにいちいち送るのが面倒くさくなっちゃって。(Facebookだと友達に一斉に送ることできるから)俺チョー向いてるわ。ミスターFacebookになれるかもしれない」とFacebookの魅力に気付いたようだ。

2人は森岡氏の実演を真剣な顔で見つめていた

 イベントでは森岡氏が位置情報を友人と共有するスポット機能を実演した。まわりにFacebookのスタッフがいたため、画面は森岡氏の友達だらけ。「こんな近くにいるんなら、会おうよ」という使い方ができるという。ユージさんが「逆に、俺は一人でいたいんだっていうときはどうすればいいんですか?」と質問すると、森岡氏は「スポットを押して、一人でいたいと書いてくれればいいです」とアドバイスして会場が笑いに包まれた。

 最後に、Facebookを始める気になったか聞かれたユージさんは、「ここでいろいろ聞いてから、始めたくなったらやろうと思ってたんですけど、今日はPCを持ってきているので、即行でやります!」と答えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」