「中毒になるくらい毎日遊んでます」――モデル・SHELLYさんが教えてくれたFacebookの楽しみ方

Facebookの新サービス発表会に登場したモデルのSHELLYさんが魅力を語った。写真の共有やいいね!ボタンなどを使って、なかなか会えない友達とも、よく会っている友達とも楽しんでいるという。

» 2011年06月08日 18時50分 公開
[山本恵太,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 Facebookの新サービス「チェックインクーポン」の発表会にモデルのSHELLYとユージさんが登場。「中毒になるくらい毎日Facebookで遊んでます」というSHELLYさんが、Facebookの楽しみ方を語った。

モデルのSHELLYさんとユージさん

 「こういった仕事をしてると、いろんな情報をいち早くキャッチしなくちゃいけないじゃないですか」とFacebookを使いこなしているSHELLYさんは語る。一方ユージさんは「もちろんFacebookやってますよね?」と聞かれて、「もちろん知ってますよFacebook……。ごめんなさい、やってないです」。友達で使っている人は多く興味は持っているのだが、始めるきっかけがなかったという。

 海外に友達が多いSHELLYさんは「なかなか会えない友達と近況報告をするのに便利」と話す。Facebookのユーザー数は全世界で5億人を超えており、その数は増え続けている。一方で、「しょっちゅう会ってる友達ともすごい使う」という。特に写真の共有に使うことが多いそうだ。そこでユージさんは「え、写真を共有できるんですか?」と質問。SHELLYさんに「そこからー?」と笑われてしまった。

 「例えば10人くらいで遊んで、そのときの写真を自分のページにアップし(て写真に友達の名前をタグ付けし)たら、タグ付けした友達にそれが通知されるから一人一人に送る必要がないの」とSHELLYさん(注:写真のアップは、公開範囲に応じてタグ付けしていない友達にも通知される)。写真に写った人の顔に名前をタグ付けできるため、知り合ったばかりの人の名前が思い出せないときも、タグ付けされた写真ですぐ確認することができる。実名制を掲げるFacebookならではの機能と言える。

 イベント中盤からはFacebookの森岡康一日本副代表が登場。「Facebookは実名制なので、例えば昔の友達がFacebookに登録するとすぐつながることができます。昔の思い出話をしたり、近況を共有することもできます」と話すと、ユージさんは「もしかして高校3年間片思いだったあの子も見つかるかもしれないんですか? アメリカでハリウッド俳優やってる俺のおやじとも連絡とれるんですか? 何で今までFacebookやってなかったんだろう!」と始めるきっかけを見つけた様子。

 SHELLYさんも、「小学校ときの友達と今更メールしても、何書こうみたいなところあるじゃないですか。それがFacebookだと、その人の近況を読んでいるだけで、あの子は今こういうことしてるんだとか、こういうところに住んでるんだってのがわかるので、便利なんです」と語る。

「いいね!」と「スポット」

「なかなか近いですねー。撮れてますかー?」とSHELLYさん

 Facebookの特徴的な機能の一つに「いいね!」ボタンがある。SHELLYさんは、「いいね!って押すだけで押されたほうも、あっいいね!って言ってもらえた!とコミュニケーションを取ることができるんです。例えば、レディー・ガガの曲いいよねーって思ったらビデオのリンクを自分のページに貼ります。それを見た友達が、またいいね!って押してくれる。情報がすごい簡単に交換できる」と説明。ユージさんは「俺マメじゃないから、みんなにいちいち送るのが面倒くさくなっちゃって。(Facebookだと友達に一斉に送ることできるから)俺チョー向いてるわ。ミスターFacebookになれるかもしれない」とFacebookの魅力に気付いたようだ。

2人は森岡氏の実演を真剣な顔で見つめていた

 イベントでは森岡氏が位置情報を友人と共有するスポット機能を実演した。まわりにFacebookのスタッフがいたため、画面は森岡氏の友達だらけ。「こんな近くにいるんなら、会おうよ」という使い方ができるという。ユージさんが「逆に、俺は一人でいたいんだっていうときはどうすればいいんですか?」と質問すると、森岡氏は「スポットを押して、一人でいたいと書いてくれればいいです」とアドバイスして会場が笑いに包まれた。

 最後に、Facebookを始める気になったか聞かれたユージさんは、「ここでいろいろ聞いてから、始めたくなったらやろうと思ってたんですけど、今日はPCを持ってきているので、即行でやります!」と答えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/19/news030.jpg 母「TOEIC800点取れたら800万貸したげるわ笑」→800点取った猛者が現る その後のやりとりに「つ、強い……」「母かわいすぎんか?」
  3. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. /nl/articles/2407/18/news050.jpg 若者「新札の5000円札貰いましたよ!」→まさかの正体にツッコミ殺到 「どこに眠ってたんだ」「逆にレア」
  5. /nl/articles/2407/19/news014.jpg 父に大好物、“金目鯛の頭”を煮て出したら……ふと漏らした“言葉”が194万表示 「胸にじんわり、くる」「荒んだ心に刺さった」と反響多数
  6. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  7. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  8. /nl/articles/2407/19/news018.jpg 1歳赤ちゃん、大好きすぎるパパを見送ろうとしたが…… 130万再生のけなげな姿に「涙が出た」「お仕事行けなくなるやつや」
  9. /nl/articles/2407/18/news167.jpg 妹が「実はモビルスーツだった」 兄の衝撃(?)投稿にネタ返信続々 ガンダムオタク過ぎるレスに「詳しすぎ」「好きになったわwww」
  10. /nl/articles/2407/19/news109.jpg おかもとまりの夫、妻の看病が続き「僕の気が滅入ってしまいます」 5年間服用のピルを辞め体調不良続く
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」