ニュース
» 2011年07月28日 02時54分 公開

セガが「ぷよぷよ!!」のプレイ動画投稿を公認! 正式許諾に至った理由は?日々是遊戯

先日セガの「ぷよぷよ!!」公式サイトに「プレイ動画についての規約」という文章が掲載され、プレイ動画の投稿が部分的に「公認」されました。どうして「黙認」ではなく「公認」に至ったんですか、セガさん?

[池谷勇人,ITmedia]

「黙認」の風潮を変えるきっかけとなるか?

 ニコニコ動画やYouTubeなどで多く見られる、ゲームの「プレイ動画」。今やゲームのプレイ映像を録画し、それを動画投稿サイトにアップロードするという行為、そしてアップロードされた動画を見るという行為は、ゲームの新しい楽しみ方のひとつとして当たり前のものとなりました。

 そんな中、セガは先日、同社の「ぷよぷよ!!」について、生中継などを含んだプレイ動画の投稿・放送について、一定のガイドラインを守ることで許諾する旨を発表し、大きな話題を呼びました。商業・営利目的での使用や、ストーリーのネタバレが絡む部分についてはNGとされているものの、これにより「ひとりでぷよぷよ」や「みんなでぷよぷよ」の一部モードについては正式に動画投稿が認められた形となります。

「ぷよぷよ!!」公式サイトに掲載された「プレイ動画についての規約」。一定のガイドラインを設けることで、部分的にプレイ動画の投稿を認めています

 以前からプレイ動画についてはネタバレや著作権侵害などの問題が指摘されてきましたが、メーカー側のスタンスとしては基本的に「黙認」――つまり禁止・許諾のどちらにしても明確なコメントは避け、明らかに問題のある動画のみ削除要請をする――というのが慣例のようになっていました。それならばなぜ今回、セガはあえて「正式許諾」という施策に踏み切ったのか? 問い合わせてみたところ、次のような回答をいただくことができました。

―― 今回、公式に「許諾」というスタンスを明確にしたのはなぜですか?

セガ担当者 「ぷよぷよ!!」のゲーム内容(ネタバレなどの問題が無いことなど)や、連鎖などのテクニックを他の人と共有することによりさらにゲームとしての楽しさを理解していただけることなどを鑑み、プロモーションの一環としてこのような施策を行っております。

―― メーカー側として、プレイ動画についてはどのように考えていますか?

セガ担当者 基本的には、これからゲームをプレイする方たちへのネタバレや、ゲームとしての面白さを損なう要素については、メーカーとして極力排除すべきと考えております。

―― 今後他のタイトルでも、同様の施策を採る可能性はある?

セガ担当者 ゲーム内容を鑑みたうえで、動画投稿がユーザーの皆様にとって有効だと判断した場合には、同様の対応をとる可能性はあります。

 以前「Aileはなぜプレイ動画に『激怒』したのか? 『徹底交戦』ににじむゲームメーカーの怒り」という記事で触れたように、これまでメーカーとプレイ動画は非常に難しい関係にありました。そもそもゲーム内で使われている映像の著作権はメーカー側にあるわけで、非許諾でのアップロードを公に認めるわけにはいきません。しかし一方で、ユーザーの間である程度盛り上がっているという事実がある以上、全面的にこれを禁止したり「著作権侵害だ」といって訴えるのも考えてしまう。結局のところ「黙認」がベストであるという、ゆがんだ状態のままプレイ動画は投稿され続けてきたわけです。

まだそれほど数は多くありませんが、「ぷよぷよ!!」で検索するとすでに何本かのプレイ動画が投稿されているのが分かります

 今回、セガはそうした「ゆがんだ現状」からあえて一歩前に踏み出しました。もちろんすべてのゲームというわけではなく、現状ではあくまで「ぷよぷよ!!」限定。しかし今後もゲーム内容と照らし合わせ、有効であると判断した場合には「ぷよぷよ!!」と同様の対応をとっていく可能性もあるとのコメントをいただくことができました。

 この対応が今後、プレイ動画コミュニティやほかのゲームメーカーにどういった影響を与えていくかは未知数です。しかしこれまで「いつ訴えられてもおかしくないグレー」だったプレイ動画が、一部とは言え「公認」になった点は大きい。これからのプレイ動画がどのように変わっていくのか、引き続き見守っていきたいと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声