ニュース
» 2011年07月28日 02時54分 公開

日々是遊戯:セガが「ぷよぷよ!!」のプレイ動画投稿を公認! 正式許諾に至った理由は?

先日セガの「ぷよぷよ!!」公式サイトに「プレイ動画についての規約」という文章が掲載され、プレイ動画の投稿が部分的に「公認」されました。どうして「黙認」ではなく「公認」に至ったんですか、セガさん?

[池谷勇人,ITmedia]

「黙認」の風潮を変えるきっかけとなるか?

 ニコニコ動画やYouTubeなどで多く見られる、ゲームの「プレイ動画」。今やゲームのプレイ映像を録画し、それを動画投稿サイトにアップロードするという行為、そしてアップロードされた動画を見るという行為は、ゲームの新しい楽しみ方のひとつとして当たり前のものとなりました。

 そんな中、セガは先日、同社の「ぷよぷよ!!」について、生中継などを含んだプレイ動画の投稿・放送について、一定のガイドラインを守ることで許諾する旨を発表し、大きな話題を呼びました。商業・営利目的での使用や、ストーリーのネタバレが絡む部分についてはNGとされているものの、これにより「ひとりでぷよぷよ」や「みんなでぷよぷよ」の一部モードについては正式に動画投稿が認められた形となります。

「ぷよぷよ!!」公式サイトに掲載された「プレイ動画についての規約」。一定のガイドラインを設けることで、部分的にプレイ動画の投稿を認めています

 以前からプレイ動画についてはネタバレや著作権侵害などの問題が指摘されてきましたが、メーカー側のスタンスとしては基本的に「黙認」――つまり禁止・許諾のどちらにしても明確なコメントは避け、明らかに問題のある動画のみ削除要請をする――というのが慣例のようになっていました。それならばなぜ今回、セガはあえて「正式許諾」という施策に踏み切ったのか? 問い合わせてみたところ、次のような回答をいただくことができました。

―― 今回、公式に「許諾」というスタンスを明確にしたのはなぜですか?

セガ担当者 「ぷよぷよ!!」のゲーム内容(ネタバレなどの問題が無いことなど)や、連鎖などのテクニックを他の人と共有することによりさらにゲームとしての楽しさを理解していただけることなどを鑑み、プロモーションの一環としてこのような施策を行っております。

―― メーカー側として、プレイ動画についてはどのように考えていますか?

セガ担当者 基本的には、これからゲームをプレイする方たちへのネタバレや、ゲームとしての面白さを損なう要素については、メーカーとして極力排除すべきと考えております。

―― 今後他のタイトルでも、同様の施策を採る可能性はある?

セガ担当者 ゲーム内容を鑑みたうえで、動画投稿がユーザーの皆様にとって有効だと判断した場合には、同様の対応をとる可能性はあります。

 以前「Aileはなぜプレイ動画に『激怒』したのか? 『徹底交戦』ににじむゲームメーカーの怒り」という記事で触れたように、これまでメーカーとプレイ動画は非常に難しい関係にありました。そもそもゲーム内で使われている映像の著作権はメーカー側にあるわけで、非許諾でのアップロードを公に認めるわけにはいきません。しかし一方で、ユーザーの間である程度盛り上がっているという事実がある以上、全面的にこれを禁止したり「著作権侵害だ」といって訴えるのも考えてしまう。結局のところ「黙認」がベストであるという、ゆがんだ状態のままプレイ動画は投稿され続けてきたわけです。

まだそれほど数は多くありませんが、「ぷよぷよ!!」で検索するとすでに何本かのプレイ動画が投稿されているのが分かります

 今回、セガはそうした「ゆがんだ現状」からあえて一歩前に踏み出しました。もちろんすべてのゲームというわけではなく、現状ではあくまで「ぷよぷよ!!」限定。しかし今後もゲーム内容と照らし合わせ、有効であると判断した場合には「ぷよぷよ!!」と同様の対応をとっていく可能性もあるとのコメントをいただくことができました。

 この対応が今後、プレイ動画コミュニティやほかのゲームメーカーにどういった影響を与えていくかは未知数です。しかしこれまで「いつ訴えられてもおかしくないグレー」だったプレイ動画が、一部とは言え「公認」になった点は大きい。これからのプレイ動画がどのように変わっていくのか、引き続き見守っていきたいと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり