ニュース
» 2011年09月01日 19時20分 公開

クマの王様が歌います:手をかざして曲を演奏できる楽器「ウタミン」を見てきた

「ウタミン」は本体に触れず、手をかざすことで曲を演奏できる新感覚の楽器。音を出し続けると、クマの王様が咳き込んでしまうところがかわいい!

[山本恵太,ITmedia]

 手をかざすだけで演奏できる楽器「ウタミン」がタカラトミーアーツから登場。9月1日開幕の「クリスマスおもちゃ見本市2011」で披露された。手をかざす距離やタイミングが演奏のポイントになるため、ウタミンとの“距離感”が演奏のカギになる。

 ウタミンは歌が大好きなクマの王様をモチーフにした手のひらサイズの楽器。頭に載った王冠から赤外線が出て、かざした手と本体の距離を判断する。距離と本体の3つのボタンで音階を調整する。長く音を出し続けると咳き込んだり、演奏しないと鼻歌を口ずさんだりひとり言をつぶやいたりする。一定時間操作をしないと、あくびをして「スリープモード」に移行する。「“まるで生きているみたいな”仕様にこだわって開発した」という。

手をかざすだけで演奏できる「お気軽演奏モード」

 演奏モードは、手をかざすだけで収録曲を流す「お気軽演奏モード」、笛やシンバル、木魚、ボイスなど、様々なパーカッション風のリズム演奏ができる「ノリノリリズムモード」、ウタミンとの距離とボタンを使って好きな曲を演奏できる「本気で演奏モード」の3つ。2体のウタミンを向かい合わせると、赤外線通信を使って自動で合唱をする機能も用意されている。

 カラーバリエーションはブルー、ピンク、グリーンの3色。11月17日発売で、価格はそれぞれ3990円。

様々なパーカッション風のリズム演奏を行なう「ノリノリリズムモード」

赤外線通信を使った合唱モード

※記事で紹介しきれなかった「ウタミン」の動画をねとらぼのFacebookページで公開しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン