ニュース
» 2011年09月15日 19時51分 公開

ミクシィ、足あと機能リニューアルの背景や今後の改善を説明

mixiの足あと機能のリニューアルは、「足あとスパム」「気軽に友人のコンテンツを見られない」といった課題に対処するためとミクシィは説明し、今後改善を加えるとしている。

[ITmedia]

 ミクシィは9月15日、今年6月に「足あと」機能を「先週の訪問者」としてリニューアルした背景を公式ブログで説明した。足あと機能の変更については、一部のユーザーから不満の声が上がっていた。

 足あとは、いつ誰が自分のページを訪問したかをリアルタイムに把握できる機能だったが、リニューアル後は、訪問者のアクセス日時を表示せず、1週間に訪れた人をまとめて翌週に表示する。

 同社は、足あと機能には「日記を読んでもらえたというフィードバック」「交流のきっかけになる」というよい点がある反面、「気軽に友人のコンテンツを見られない(重たさ)」「足あとスパム」という課題があったとしている。良さを残して課題を解消するため、足跡スパム対策や足あと削除機能などを加えてきた。

 その後、足あとを取り巻く環境が変化したという。足あとを閲覧するユーザーの減少、足あとを削除するユーザーの増加、足あとスパムが撲滅困難な状況、mixiボイスやアプリなど足あとの付かないサービスの登場、フィードバック機能としての「イイネ!」の導入などだ。

 これを踏まえ、課題を解決するために、新たな足あと機能(先週の訪問者)では、訪問者の更新頻度を1週間ごとにすることで、すぐに足あとが付くという重たさを解消したとしている。またスパム対策として、訪問者と一緒に共通の友人や訪問経路を表示し、信頼性の復活を図った。

 この結果、足あとをつけることの重たさが解消され、リニューアル後に相手のページを訪問するユーザー数は増加する傾向にあると同社は述べている。ただし、更新頻度が1週間ごとでフィードバック効果が弱くなっているため、7日から5日おきに短縮した。

 今後は、ユーザーの利用状況を見ながら、さらなる改善を加えるとしている。訪問者の更新頻度については、状況を見ながら1〜2日間を目標に短縮化を検討。10月上旬には「訪問者」表示の充実させるため、コミュニティ経由での訪問者を表示する予定だ。アプリなど日記、プロフィール以外からの訪問者も表示するという。

 引き続き、ユーザーからの意見や要望に耳を傾け、多様化するニーズに応えるべく全力で取り組むとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた