ニュース
» 2011年11月08日 21時36分 公開

「モンハン3G」は品薄になる可能性大? ゲーム販売店が頭を悩ます「分納」とは日々是遊戯

発注した商品が何回かに“分”けて“納”品されるから「分納」。お店にとってもユーザーにとっても困ってしまう「分納」はなぜ起こるの?

[池谷勇人,ITmedia]

分納にもメリットはある?

 今年も年末年始商戦の時期がやってきましたが、この季節によく聞かれるゲーム業界用語のひとつに「分納」というものがあります。

 最近見かけたのは「今度の『モンスターハンター3(トライ)G』は分納になるかもしれない」という書き込み。分納というのは要するに「発注した商品が何回かに分けて納品される」ことで、これが発生すると、例えば「お店は50本発注していたのに、発売日には30本しか届かなかった」といったことが起こります。こうなると、お店もユーザーもいろいろ困ったことになってしまう。

 一番困るのはユーザーで、分納になれば当然その商品は品薄になる。最悪の場合、予約していたにもかかわらず発売日に商品が買えないこともあり得ます。当然そうなれば販売店側としても信用にかかわりますし、販売店側にとっても分納は痛い。ちょっと余談になりますが、もしも本当に「モンハン3G」が分納になるのだとしたら、すでに予約済みという人でも、一応発売日に買えるかどうかお店に確認しておいた方がいいかもしれません。

 でも、それならなぜ「分納」は発生するのでしょうか? ユーザーにとってもお店にとっても悩みの種である「分納」について、ゲーム販売店の事情に詳しいUさん(仮名)に聞いてみました。

―― 分納が発生するのはなぜ?

「基本的には、受注数が生産予定数を上回ってしまった場合に起こります。受注数が多すぎて工場の生産キャパシティが足りなくなってしまうというのが主な理由ですが、まれに部品や材料の不足など工場側のトラブルが原因の場合もあり、一概にそれだけが理由というわけではありません。またそれとは別に、メーカー側が『受注数が集まりすぎた』と判断した場合に、商品のだぶつきによる“投げ売り”を回避するために、意図的に出荷数を制限して市場導入量をコントロールする場合もあります」

―― 分納で困ることは?

「やはり初回入荷数が予定よりも少なくなってしまうことが一番の問題です。特に予約が多く集まっている商品だと、初回入荷分では予約数がまかなえず、次回入荷分に回される人が出てきてしまう。早いタイミングで分納になることが分かっていれば対処できますが、発売直前になって分納になることが判明した場合などは大変です」

―― ほかに困ることはありますか?

「例えば初動型の商品が分納になった場合、あとから納品された分はすでに“旬”を過ぎてしまっているために売れず、不良在庫化してしまうという問題もあります。あらかじめ分納になるのを見込んで多めに発注しておくというテクニックもありますが、これも失敗すると大変です」

画像 発売後しばらく“ワゴンの常連”だった「モンスターハンター3(トライ)」。たくさん出荷すればいいかというと、そう単純でもないのが難しいところです……

 ちなみに今回の「モンハン3G」の場合は、「おそらく生産スケジュールに狂いが生じたか、あるいは任天堂がコントロールに入ったかのいずれかでしょう」とUさんは分析。前作にあたる「モンスターハンター3(トライ)」は、初回出荷数がかなり多かったために一部で投げ売りが発生していましたが、分納にすればそうした“だぶつき”のリスクは減らすことができる。もちろん発売初日という“旬”を逃すことで、後から入荷した分が逆に不良在庫化してしまう可能性もありますが、こればかりはフタを開けてみないと分かりません。

 ということで、様々な大人の事情が交錯する「分納」ですが、広い目で見れば決して悪いことばかりでもないんですね。ちょっとマニアックなゲーム業界豆知識でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  9. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」