ニュース
» 2011年12月01日 08時40分 公開

かっこいいけど中身は菌 バクテリアで光るムーディーな照明

神秘的な緑色の光を放つ不思議なムードランプ。実は電気ではなく生物発光細菌を使っています。

[ITmedia]

 いくつもの透明なガラスの容器が集まって蜂の巣のようになった不思議な形のライト。ぼんやりと緑色に光って、とても幻想的――実は、光っているのはバクテリアなんです。

 このランプは、生物発光細菌の用途を模索するためにPhilipsが開発したコンセプトモデル。手吹きで作ったガラスの容器を金属のフレームでつないでいます。容器には緑の光を発するバクテリアの培養物が入っており、シリコンチューブで「エサ」の入った土台につながっています。エサはメタンと堆肥材料で、コンポスターから作ることもできるそうです。

 生物発光細菌は強い光を発しないので、警告やムード照明などに向いています。発光の速度が遅めで、細菌を生かし続ける必要はあるものの、コード不要で電気に依存しないというメリットもあります。Philipsは夜間の路面標識、縁石の警告ストライプ、インテリアといった用途を考えています。確かにこんな照明が家にあったらかっこいいですが、中身が細菌だと考えるとちょっと……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」