ニュース
» 2011年12月20日 16時50分 公開

1機50万円のロボットがマットに叩き付けられる!? ロボットプロレスは過激なエンタテインメントだった!! (1/2)

プロレスをロボットでやられてもねぇ……って、腰振りパフォーマンスにジャーマンスープレックスホールド炸裂!! ちゃんとプロレス、ちゃんとエンタテインメントしてるじゃないですかっ!?

[種子島健吉,ITmedia]

ロボットプロレス団体「できんのか!」が主催

 人間に代わりロボットがリング上で戦う映画「リアル・スティール」ばりのロボット格闘が日本で開催されているのを知っていますか? なんとロボットでプロレスなんだそうです。

 でも、アレですよ、プロレスって過激だし、けっこう高度なエンタテインメントですよ。精密機械のロボットでやられてもねぇ……って、腰振りパフォーマンスにストンピング、アッパーカットにエルボードロップ、ジャーマンスープレックスホールド炸裂!! ダメージ表現に本格的なリングアナウンス、ちゃんとプロレスしてるじゃあないですかっ!?


 このロボットプロレスを主催するのは、二足歩行ロボットによる格闘競技大会ROBO-ONEへの出場経験を有する実力派ロボットオーナーたちが集結し、2008年に発足した「できんのか!」(ロボットプロレス大会名も同じく「できんのか!」)。今回、その「できんのか!」主催者、小俣氏に話を聞くことができました。

「演出」からしてちゃんとプロレスしてます

筆者 小俣さんが「できんのか!」を主催されているんですね?

小俣氏 私が主催していますが、実は影の支配者とでも言いますか、プロデューサーとしてミステル・タマオ総統の存在が欠かせません。少々、お待ちください。

 どこからか、マスクを取り出す小俣氏。おもむろにマスクをかぶる。そして、「総統のミステル・タマオである。ちなみに出身はメヒコ(メキシコ)だ」――。ああ、なるほど、ここいらあたりからすでにプロレスしてるんですね。

 ということで日本語堪能な謎のメキシカン、ミステル・タマオ総統によると、「できんのか!」には、10体ほどのアーティスト(「できんのか!」では、ロボットレスラーをアーティストと呼ぶ)が所属しており、各アーティストにはキャラクターや必殺技がちゃんと設定されています。

 例えば、先に紹介した映像(2011年9月4日に静岡で行われた「できんのか! 8」第1試合)で登場しているワルー選手は極悪非道のヒールで打撃技のエキスパート。流血仮面選手は根っからのパフォーマーで観客へのアピールはお手のもので、必殺技は流血エルボードロップ。プロのリングアナ、スペル松田氏が担当しているリングアナウンスも必聴です。

画像 ワルーの痛烈な打撃技が流血仮面を襲う!
画像 観客にダメージをアピールする流血仮面。右腕がピクピク震えている。芸が細やか!

1機50万円の機体が過激にパフォーマンス!

 ロボットプロレスで難しいのは、通常のロボットがまずしない動作をさせるところ。制作費1機およそ50万円という高性能ロボットたちを使い、1個1.5万円から2万円するというサーボモーターに通常の動作からいえば無駄な負荷をかけつつ、プルプル身体を震わせるダメージ表現(本来はあってはならない異常振動でハンチングという)などをさせています。

 これをレスラーの自然な動きに見せるのがなかなかに難しく、モーションを手間暇かけて調整してプログラミングとして組み込んであるんです。なんというぜいたくさでありましょう。

画像 自分より大きい相手とあって、スネ狙いの蹴り技を繰り返す流血仮面

画像 下半身への執拗(しつよう)な攻撃にたまらずダウンしたワルーに、流血エルボードロップが炸裂!!

画像 ワルーは打撃技だけではなかった! 油断した流血仮面に必殺のジャーマンSH!!(脚部がキレイに「く」の字になっている流血仮面の受け身にも注目)

画像 一時は優勢に見えた流血仮面だったものの、けっきょく立ち上がることができず担架で退場に……

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた