ニュース
» 2011年12月27日 16時48分 公開

等身大フィギュアがお目見え! 魔法少女まどか☆マギカ展に行ってきた円環の理に導かれて

「魔法少女まどか☆マギカ」の名シーンを再現した展示イベントがスタート。まどっちやほむら、マミさんの等身大フィギュアが待っているぞ!

[笹山美波,ITmedia]
画像 巴マミが「お菓子の魔女」と戦うシーンをイメージして作られた展示

 会場に1歩足を踏み入れれば、そこはアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の世界――。キャラの等身大フィギュアなどを使って同作の名シーンを再現する展示イベント「魔法少女まどか☆マギカ展」が12月27日、東京・池袋のサンシャインシティ 文化会館で始まった。限定グッズの販売もあり、ファンにはたまらないイベントとなっている。期間は12月31日まで。


画像 入口は怪しい雰囲気
画像 キュゥべえがお出迎え。「僕と契約して魔法少女になってよ!」

 展示スペースは「巴マミ」「美樹さやか」「佐倉杏子」「睦美ほむら」「鹿目まどか」の順でキャラごとに分かれて並んでいる。さらにそれぞれのゾーンが「日常シーン」と「魔女の結界」に分かれており、メリハリが効いている。例えば巴マミの場合、日常シーンの展示ではティーカップなどの小物やポスターを使って、マミとまどかのお茶会シーンを再現している。ところが魔女の結界の展示に進むと、先ほどの明るい雰囲気から一転、暗い闇の世界に。マミの等身大フィギュアが置かれており、お菓子の魔女との戦いに突入するのだ。傍らのディスプレイではアニメの戦いのシーンを流しており、ムード満点となっている。

 キャラ別の展示を抜けると、資料展示ゾーン。新房昭之監督やキャラ原案を手掛けた蒼樹うめさんによる記念色紙、初公開となるアニメの制作資料、ねんどろいどフィギュアなどが飾られている。キャラごとの展示もこの資料展示ゾーンも写真撮影OKとのこと。会場は広くてゆったりしているので、ゆっくり見て回ったり、記念撮影したりして楽しめそうだ。


画像 せりふがメインのキャラのポスター。マミさん「もう、何も怖くない」
画像 マミとまどかのお茶会での1シーンを再現
画像 アップで。マミさんかわいい……!


画像 さやかゾーンへ行くには「お菓子の魔女」の入り口を通る
画像 さやかの名せりふ「あたし、今、最高に幸せだよ」などが書かれている
画像 さやかとまどかの下校時のシーンをイメージしている


画像 さやか対影の魔女の戦い。青い光でライトアップ
画像 影の魔女も、壁1面を覆うほど大きく、影絵のようにして再現されている


画像 杏子「そんなの、あたしが、許さない」。かっこいい!
画像 杏子とさやかの会話をイメージして作られた


画像 躍動感あふれる杏子のイラスト
画像 「杏子と人魚の魔女の戦い」を再現した等身大フィギュア


画像 ほむら「絶対にあなたを救ってみせる」
画像 ほむらの部屋でのシーンのイラスト展示。キュゥべえとの会話も流れている


画像 赤いメガネをかけたほむらがズラリ
画像 委員長の魔女と、魔法少女になったばかりのほむらの戦い。記者が取材した際には準備中だったのでまだガムテープが張られている


画像 まどか「わたし、魔法少女に、なる」。せりふでも振り返って楽しめる
画像 まどかの「あったかもしれない」シーンをイメージして作られたイラスト展示。中央はピンクのリボン
画像 ぬいぐるみも展示されている


画像 まどか対ワルプルギスの夜との決戦
画像 最終話のまどかも大きく展示されている

 展示を堪能した来場者を待ち受けているのはアトラクションコーナーだ。手榴弾型ボールを穴に入れて遊ぶ「ほむらのマジカルグレネード」、的当てゲーム「さやかの正義」、ボールを投げて敵を倒す「マミさんのティロ・フィナーレ」をプレイでき、クリアすると「ブック型ふせんセット」がもらえる。クリアできなくても参加賞のスタンプがプレゼントされるので、大いに遊ぶ価値あり! 料金は1回500円となっている。


画像 「ほむらのマジカルグレネード」。縁日のゲームのような感じでワイワイ遊べる
画像 「さやかの正義」。ボールは黄、赤、緑どの色の的に当ててもO
画像 ボールを転がして敵を倒す「マミさんのティロ・フィナーレ」

 物販コーナーも充実しているのでお忘れなく。Tシャツ(2000円)や「キュゥべえなりきりタオル」(3800円)といったイベント限定グッズ、先行販売のスカジャン(1万8900円)、冬コミでも販売される「年末年始セット」(2000円)、ソウルジェムのレプリカ(3150円)などが購入できる。ソウルジェムレプリカは1万500円のハイクオリティバージョンもあるぞ。


画像 イベント記念Tシャツ(2000円)
画像 マスケット銃を模したバームクーヘン「マミのマジカルマスケット銃バームクーヘン」(750円)
画像 まどかやほむらのイラストがプリントされた「スカジャン」(1万8900円)の先行販売も


画像 「年末年始セット」(2000円)には生そばが入っている。コミケでも販売予定
画像 「キュゥべえクッション」(1260円)


画像 「腕時計(ほむらver.)」(3万円)
画像 「ソウルジェム ハイクオリティ ver.」(1万500円)

 営業時間は午前11時〜午後7時。当日券は1300円(前売り券の販売は既に終了)。初日にはオープン前の会場に100人以上の行列ができていたので、チケットを持っていない人は会場に早めに行った方が良さそうだ。東京での開催が終わった後は、大阪会場(アジア太平洋トレードセンター ATCホール)で2月10〜12日に、名古屋会場(名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール)で3月20〜25日に開催する予定になっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10