ニュース
» 2012年01月24日 07時00分 公開

「時代の顔をアーカイブする」――Google、被災地を走ったストリートビュー撮影秘話(2/3 ページ)

[宮本真希,ITmedia]

 最終的には「Googleとしてやるべきはアーカイブ」と、ゴーサインを出すことに。「オールクリアではないが、そのタイミングでやろうと決断した感じだった」(村井さん)。そのわけを次のように語る。

 「阪神大震災の記憶が今どのくらいの人たちに残っているかというと、すごく難しい。文献を見れば分かるけど、その場所がどうだったかというのは、そこで心が傷ついた人くらいしか、正確に思い出せないんじゃないか。でももしGoogleがアーカイブすれば、日本のみならず世界中でいつでも記憶として蘇らせることができる。危険を感じなければ防災なんかやらないわけですから。悲惨さを体験していない人も知ることで防災に役立つ可能性がある。今撮影しなければと」(村井さん)

トラブル前提で入念に準備

画像 大倉さん

 通常ストリートビューを撮影する際に、Googleが地元自治体に連絡することはないが、今回は住民感情への配慮が「大きな大きなポイント」(村井さん)であったため、撮影に入るであろう市町村には事前に知らせ、事情を説明した。特に宮城県気仙沼市は協力的だったという。「気仙沼市役所に話に行ったとき、『新しいテクノロジーを使って記録を残すことにすごく意義を感じる』と言ってくださった。我々と(ビジョンが)すごく近かった」と村井さん。そこで撮影は気仙沼市から始め、同市を核としてエリアを周辺へ広げていくことにした。

 撮影ではドライバーの安全確保を最優先し、撮影前の準備は「トラブル前提」(村井さん)で入念に進めた。村井さんや大倉さんが実際に現地を視察。信号が機能していない交差点や地盤沈下で満潮時に冠水する港付近など、普段とは状況が違う場所が多いなか「物理的に走って問題ないかを確認し、注意点をドライバーに伝えた」(大倉さん)

 撮影がスタートしたのは、地震からちょうど4カ月後の7月11日。「(地元の人から)怒られたらどうしようとか思ってたんですけど、ネガティブな反応はほとんど無くて、『頑張って』と言われたり、お菓子やコーヒーを差し入れてくれた人もいた。東北の方はフレンドリーで、色々話しかけてくれた」と大倉さんは振り返る。

 何らかの理由で撮影を止められるケースを想定し、プロジェクトの趣旨を説明した紙をドライバーに持たせていたが、その紙を配ることもほとんどなかった。むしろ「『写真はいつ公開されるのか?』と待ち望む声が多かった」(大倉さん)

過去と現在「比較できない限りは出さないと決めていた」

 撮影したのは6県82市町村。カメラは普段と同じ2メートル5センチの高さに据えた。写真はGoogleマップと特設サイト「未来へのキオク」で公開している。震災前からストリートビューに対応していた一部の地域は、未来へのキオクで震災後の新しい写真と以前の様子とを見比べられる。過去と現在のストリートビューを比較できる形で公開するのはGoogle全体でも初めての取り組みだ。

 「過去の写真を無くさない形で新しく撮影したものをどう見せるかは、プロダクトのチャレンジだった。それができない限りは(今回のストリートビュー写真を)出さないと決めていた」と村井さん。「(過去と現在を)同時に見て何を感じてもらうか――我々は事実を事実として見せることに注力していく」と語る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」