ニュース
» 2011年12月13日 15時11分 公開

1枚の写真では伝えきれない――Googleストリートビュー、東日本大震災の被災地を公開震災前後の比較も可能

ストリートビューで復興までの道筋をたどります――Googleは東日本大震災の被災地のストリートビューを公開した。震災前後の写真を比較できるページも設けた。

[笹山美波,ITmedia]

 東北地方。夏空と深い緑が印象的な内陸部の風景が、海岸に向かうにつれ何もない大地へと変わっていく。がれきの山に囲まれて働く人。行き交う大型トラック。家が建っていたと思われる土台――。あの地震の爪跡がGoogleのストリートビューでたどれるようになった。


大きな地図で見る
画像 宮城県石巻市の被災後の様子 

 Googleは12月13日、Googleマップで、東日本大震災の被災地のストリートビューをパノラマ写真で公開した。今年7月から約半年かけて4万4000キロを走行し、被害の大きかった東北の沿岸地域や主要都市を撮影した。

 被災地の記録を残し、記憶の風化を防ぐ「デジタルアーカイブプロジェクト」の一環。東北の6県82市町村の被災後の写真が公開されており、撮影時期も確認できる。同社は今も被災地の撮影を続けており、写真は順次追加していく。

 プロジェクトの特設サイト「未来へのキオク」では、被災前のストリートビュー写真を残していく。2008年上半期ごろの様子と被災後を見比べることが可能だ。災害前後を比較できる形で公開するのはGoogle社全体でも初めての取り組みという。


画像 未来へのキオク
画像 震災前の様子(宮城県名取市)
画像 震災後に撮影した写真と見比べられる

画像 同社の徳生健太郎製品開発本部長

 同社の徳生健太郎製品開発本部長は震災後「我々は情報だけで何ができるか」を考えてきたという。4月初めに被災地を訪れたときには、多くの被災者から「この記録をなんとか残せないか?」と懇願され、プロジェクトを始めるきっかけとなった。またあるジャーナリストからは「1眼レフで撮った1枚の写真だけでは被災地の状況はわからない。街に足を下ろして初めて状況がわかるんだ」という言葉をかけられたと明かす。

 「記録を残すのが私たちの将来の責務である」と徳生本部長。今回のストリートビューは「東日本大震災の研究資料として使えるのでは」と考えており、「地形図と地図と、被災前後の画像を組み合わせることで、実際の被害を解明する1つの手助けとなる」とコメント。一般のユーザーが「『自分の家はここにあったんだな』などと震災前後の状況を確認するツールとしても使える」と語った。

画像 宮城県気仙沼市を走行するストリートビュー撮影車

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響