ニュース
» 2012年02月02日 13時26分 公開

これがダークサイドの味……ダース・ベイダーコーヒーを飲んでみた編集部員暗黒面へ

ダース・ベイダー卿が好むというコーヒーを入手した編集部。早速飲んでみた。

[ITmedia]

 暗黒卿ダース・ベイダーがよく飲むというコーヒー「Dark Side Roast Coffee」(ダークサイド・ローストコーヒー)」がなんとこの地球で売られている。アメリカ限定販売のこの一品を、編集部は現地のエージェントを通じて入手することができた。早速味わってみよう。

コーヒー、ココア、緑茶の缶入り3点セットとしてオンラインショップThinkGeekで売っている

 ダークサイド・ローストコーヒーは、「Breakfast Beverages Set」としてヨーダの緑茶、ホスのココアと3点セットで売られている。早くダークサイドを味わいたいと気持ちははやるが、お楽しみは最後にとっておいて、ほかの2つから飲んでみる。

 まずはホスのココア。ホスと言えば、反乱同盟軍が基地を置いた雪の惑星。ココアの入った缶にはチューバッカが湯気の立つマグカップを持っている絵が描かれている。毛がふっさふさのチューバッカでも温かいココアを飲みたくなるほど寒いとは、雪の惑星恐るべし。

ホスのココア。チューバッカさんが寒そう

 反乱同盟軍のエコー基地で飲まれているというココアは、お湯に溶かすだけですぐにできあがる手軽さ。いつ敵がやってくるか分からない状況で、手早く調理できるのはポイントが高い。寒い土地でのエネルギー源として、砂糖たっぷりの激甘な味になっているのではないかと思いきや、意外にも甘さは控えめ。べったりした感じもなくおいしい。ほかほかと温まるし、これなら寒い中でも帝国軍と戦う気力がわいてきそうだ。

割とあっさり味。おいしゅうございました

 お次はヨーダの緑茶。ヨーダが隠遁生活を送る惑星ダゴバのジャングルの奥深くで取れた「銀河で最もおいしい緑茶」だ。見た目は普通の緑茶っぽい。渋みはそれほど強くなく、味も香りも日本茶というより中国茶のような感じがする。原材料欄を見ると、抹茶、グリーンプーアル、白牡丹(白茶)と書いてある。

ヨーダの緑茶。フォースで茶わんが浮いてる!

 初めは日本の緑茶をイメージしていたので違和感があったものの、中国茶と分かってしまえば気にならない。「銀河で最もおいしい」かどうかは意見が分かれるところだが、さほどクセもなく、おいしくいただける。気分が落ち着いて、瞑想の1つや2つしたくなってくる。「ライトサイドのフォースを感じる」とつぶやいた編集部員もいたとかいないとか。

落ち着く味でした

 そしていよいよ真打ち、ダース・ベイダーのダークサイドコーヒーの登場。コーヒーメーカーを使って入れる本格仕様だ。お湯を注ぐだけではなく、一手間かかるところがさすが暗黒卿のコーヒー。ストームトルーパーが豆を焙煎してひいた「ダークサイドの真の味」というが、お味は……。

迫力のパッケージ。卿からこんなふうにカップを差し出されたら飲まないわけにはいきません
いい香りです

 むむっ、これはうまい。コクがあって苦味が効いていて、気分がしゃっきりしてくる。これがダークサイドの味なのか。「シスの暗黒卿が新たなデス・スター建設を企てているときによく飲んでいる」そうだが、確かに目がさえて宇宙征服の妙案が浮かびそうだ。「これはうまい」と編集部員にも評判で、みんなごくごく飲んでいる。「みなぎってきた」「仕事が捗る」と絶賛の声。捗るのはいいことだけど、もしやみなぎってきたのはダークサイドのフォースでは……。な、なんと……

暗黒面に落ちました

 編集部がダークサイドに落ちてしまった。

 闇のコーヒーの飲み過ぎには気をつけよう。

関連キーワード

スター・ウォーズ | コーヒー | お茶 | ネタ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」