ニュース
» 2012年03月08日 11時23分 公開

圧倒的すぎる、この存在感――エイリアンがくっついた箸を使ってみた使いこなせばシガニー・ウィーバー?(1/2 ページ)

箸頭についたリアルなエイリアンフィギュアが怖い「エイリアンチョップスティック」。間近で見つめたり使ったりしてみた。

[廣渡朝子,ITmedia]

 リアルなエイリアンが箸頭にくっついた「エイリアンチョップスティック」が5月に発売される。その存在を知るや否や、すさまじいインパクトに編集部は騒然。あまりに気になったので、開発中のサンプルを借りてじっくり眺めていろいろと使ってみた。

ぶっちゃけ、キモいです

まずは写真でじっくり見てみよう

 エイリアンチョップスティックは、初代エイリアン「ビッグチャップ」(1470円)、宿主のお腹から飛び出す「チェストバスター」(1050円)、人間の顔に貼り付いて寄生体を植え付ける「フェイスハガー」(1050円)の3種類。プラモデルやフィギュアを手がけるがコトブキヤが作っており、非常にリアルだ。ビッグチャップは頭部にクリア素材を使っており、細部まで凝っている。見れば見るほど気持ち悪い。編集部でも「ヤバイ」と大評判だ。

ビッグチャップ。腕を組んだ偉そうなポーズがよく似合う。さすがの貫禄
さらにアップでどうぞ
チェストバスター。幼虫っぽい感じがよく出てる
フェイスハガー。飛びついてきそう
何を思ったか突然フェイスハガーに指を突っ込む編集部員。「赤ちゃんに指をぎゅっとされたときのようなほっこり感が得られるかと思ったんですが、そんなことはありませんでした」

お箸なのでご飯を食べてみよう

 では早速使ってみよう。試しに持ってみた感じでは、ちょっと使いにくそうな印象。特にビッグチャップとフェイスハガーは箸頭のフィギュアが大きく、箸を動かすとがちゃがちゃとぶつかってしまう。さらにビッグチャップはトゲトゲしているので、持っているとちょっと手が痛い。やはりエイリアンを御すのは簡単ではないようだ。

持ってみた。まさに「エイリアンを手中に収めた」状態。ビッグチャップはトゲトゲしててちょっと痛い

 しかし実際にご飯を食べてみると、第一印象ほどの使いづらさはなかった。使いやすい持ち方でホールドしてしまえば、意外と普通に使える。ビッグチャップは向かい合わせに、フェイスハガーは背中合わせに持てばフィギュアの部分がぶつからずに済む。ただ、箸頭に装飾があるため、どうしても箸の下の方を持つことになってしまい、手の大きな人は使いづらく感じるかもしれない。

 使い勝手よりも、気になるのが見た目だ。筆者はグロ耐性がある方だとは思っているが、それでも一瞬ためらった。食欲をなくすほどではなかったが、食べている最中はついついエイリアンが気になってしまう。見られているような、狙われているような……。食べているのに食べられそうな緊張感がたまらないが、あまり料理を味わうことに集中できない。慣れるまで少し時間がかかりそうだ。これを逆手に取れば、「彼女の手料理がまずかった時に味を気にせず完食する」「子どもの気を逸らしながら嫌いなものを食べさせる」といった活用法もありそうだ(子どもは泣くかもしれないが……)。

食べ物と並べてもあまり箸に見えない。カップ麺のチープさも、寿司の高級感も、肉じゃがのアットホームな雰囲気も吹き飛ばす迫力

豆を運んでみた

 ついでに使いやすさを数字で比べるため、豆運びをやってみた。比較対象として割り箸も使ったところ、結果は以下のようになった。

タイム(豆およそ30個)
割り箸00分57秒
ビッグチャップ1分50秒
チェストバスター1分42秒
フェイスハガー2分19秒
豆を皿から皿に移すだけの簡単なお仕事……のはずだけど結構難しい

 割り箸と比べてエイリアンチョップスティックのほうが全体的に時間がかかっているのは、素材がプラスチックなので、豆をはさんだ時に滑りやすいのが大きな理由。違う食材ならタイムの差は縮まるはずだ。見た目一番使いづらそうなフェイスハガーは予想通りの結果だったが、ビッグチャップが意外な健闘を見せた。ビッグチャップの頭が向かい合わせになるように持つと、箸先がカニ爪のような形になってちょっと持ちやすくなるためだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」