ニュース
» 2012年04月06日 20時05分 公開

ロマンスで交通事故も減る!? 日本ロマンチスト協会が説く“愛の力”(1/2 ページ)

ロマンチスト、それは「大切な人を世界で1番幸せにできる人」。ロマンチストが集まった「日本ロマンチスト協会」は、愛を叫ぶイベントや愛の力で交通事故を減らす取り組みで、社会をハッピーにしようとしている。

[笹山美波,ITmedia]

 「日本ロマンチスト協会」をご存じだろうか。夢見がちな人の集まりではない。大切な人を幸せにする力「ロマンス力(りょく)」の大切さを説く団体だ。現在1100人の会員がおり、神戸市や浜松市など10カ所に支部がある。今年で設立5年を迎える同協会の波房克典会長(38)に、設立の背景や活動について聞いた。

「日本の恋愛事情が深刻な危機」

画像 日本ロマンチスト協会

 日本ロマンチスト協会は、その名の通りロマンチストが集まった団体。ロマンチストとは、恋人や家族など「大切な人を世界で1番幸せにできる人」と協会では定義している。会員は普段は会社員など普通の仕事をしているが、時々「ロマンス宣教師」となって、「なんでもない時に花を贈る」「『愛してるよ』と口に出して言う」などのロマンチックな振る舞いを積極的にしたり、ロマンス力の大切さを伝える活動を自主的に行っている。

 ロマンチストというと、「空想癖」や「ナルシスト」などちょっとネガティブな人物像をイメージするかもしれないが、波房さんはポジティブに定義付けている。大切な人との良い関係作りのためにロマンチックに生きる人が増えれば、世の人の心が温かくなり、社会全体としてもハッピーな状態になるのでは、と考えているためだ。

 設立のきっかけは、日本で1時間に約30組ものカップルが離婚しているのを知ったこと。もともと波房さんは大学院で民俗学の研究をしていたが、一般企業に就職した後は社会・環境問題の課題解決に向けた活動に取り組んでいた。一方で、知り合いから悩み相談をよく受けるなど、個人の私生活の問題解決にも一役買っていた。そんな中で多くの人が「最近ドキドキが足りない」と口にするのが気になって調べたところ、その事実を知ったそうだ。

 「少子化や地球温暖化と同じくらい、日本の恋愛事情が深刻な危機を迎えている」と危機感を抱くと同時に、「1番大切な人を大事にできない人が、地球や社会を大切にできるのか?」と疑問に思った。そこで大切な人を幸せにする力「ロマンス力」の大切さを説く活動を始めようと志し、2007年3月5日に日本ロマンチスト協会を立ち上げた。

画像 波房さん

 設立後の最初の活動は、愛やロマンスにまつわる地域を日本全国から探すことだった。ロマンチストの「聖地」を作るためだ。なかなか見つからなかったが、知人から長崎県雲仙市に「愛野町」という町があると聞き、運命を感じた。愛野町を通るローカル線「島原鉄道」の愛野駅から、吾妻(あづま)駅までのきっぷは、「愛しの吾が妻(いとしのわがつま)」に通じる縁起物として一部で知られているからだ。「ここぞ聖地だ」と確信する。

 翌2008年に、6月19日を語呂合わせでロマンティックと読んで記念日「ロマンスの日」を制定。記念に愛野町でイベントを開催した。同町でじゃがいもの生産が盛んだったことから、会場にじゃがいも畑を選び、「じゃがいも畑の中心でロマンスを叫ぶ(ジャガチュー)」と題した企画を実施した。

 ジャガチューには、会員やサイトを見て集まったカップルが全国各地から20人ほど参加した。プラスチックのじゃがいもケースを裏返した即席の「お立ち台」に1人ずつ順番に乗り、「普段お前に愛してるっていったことないけど! 愛してるよぉぉ!」「大好きぃぃぃぃ!」などと、パートナーへの思いを畑に向かって叫ぶ。このイベントでプロポーズしたカップルもいた。周りで見ていた地元の人もつられて参加し、結局100人近くが集まる大盛況のイベントとなった。

 それからジャガチューは毎年開催している。ジャガチュー会場でロマンチストたちのエネルギーを受けて収穫されたじゃがいもは、「ロマンスポテト」として販売されている。ハート型っぽいじゃがいもが出てくることもあるそうだ。

 ジャガチューは市とは何ら関係のない協会の「勝手な活動」だったが、次第に市民にも影響が出てきた。老朽化していた愛野駅のリフォームを、市民が自発的に提案。屋根に協会のロゴをモチーフにした風見鶏を乗せ、ピンク色のクローバーを描いた新たな駅舎を作り、名称も「愛の駅」と書き換えた。町内の教会やレストラン、市民のプロポーズの名所などをめぐる「雲仙市愛の巡礼マップ」も作成。波房さんは「雲仙市の人たちが自分たちの地元を(協会の)聖地だと自覚しだして、町おこしを始めるようになった。しかもみんなすごく生き生きしてるんです」と、協会の活動が町おこしにつながったことを嬉しそうに語る。


画像 ジャガチューにはたくさんの市民もかけつけた
画像 ジャガチュー会場の畑で収穫したじゃがいもを販売している
画像 駅舎がロマンチスト協会仕様に

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい