ニュース
» 2012年07月09日 10時36分 公開

「セーラームーン」20周年プロジェクト始動 今だから明かせる誕生秘話、打ち切りの危機「お手柔らかに」と武内直子

20周年トークイベントに、セーラームーン役の三石琴乃さん、タキシード仮面役の古谷徹さん、原作者武内直子さんの担当編集者が登場。当時の裏話を明かした。

[ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「美少女戦士セーラームーン」20周年プロジェクトが今秋、始動する。まずはコミックス愛蔵版(全10巻)を10月から月1冊ペースで刊行。当時の連載をカラーページも含めてできるだけ忠実に再現したマニア向けの仕上がりとなっており、書き下ろしページもある。A4版の箱入りボックスタイプだ。

 アニメのメモリアルDVDコレクションも登場する。1992年から5年間放送されたテレビアニメを、登場キャラクター別に彼女たちの特徴を生かしてピックアップ。各セーラー戦士につき1巻のDVDにして、10月から毎月発売する。さらに来夏には新作アニメも控えている(関連記事:【速報】「セーラームーン」新アニメ制作が進行中 主題歌ももクロで2013年夏公開予定)。

画像

 これら盛りだくさんの内容は、7月6日に開催された「美少女戦士セーラームーン 20周年トークイベント」のなかで発表され、ニコニコ生放送でライブ配信された。イベントには、月野うさぎ&セーラームーン役の声優・三石琴乃さん、地場衛&タキシード仮面役の声優・古谷徹さん、作者・武内直子さんの担当編集者である講談社の小佐野文雄さんが登場。当時の裏話などを存分に明かし、ライブ配信を見守るファンを楽しませた。

画像
画像 左から三石さん、古谷さん、小佐野さん

三石さんが決めセリフ「月にかわっておしおきよ!」を披露!

 イベント冒頭。会場のニコファーレのスクリーンにセーラームーンの変身シーンが流れる。続いて「ムーンプリズムパワー メイクアップ! 愛と正義のセーラー服美少女戦士、セーラームーン! 月にかわっておしおきよ!」の決めセリフとともに、三石さんが登場。ニコ生の画面は「8888888」「うおおおおおおお」「きたああああああ」とコメントが一斉に書き込まれ、弾幕のようになって盛り上がる。

 記者席からも登場の瞬間は「おおお」という小さな歓声が聞こえていた。仕事で来ている記者が興奮して思わず声を漏らしてしまうくらい、生で聞く「月にかわっておしおきよ!」のパワーはすごかったのだ。浴衣姿でセーラームーンのぬいぐるみを抱えた三石さん。「皆さん、心の中の乙女のポリシー、さびついてませんか?」とファンに呼びかける。かわいい、かわいすぎるぞ。

画像 三石さん登場

 続いて古谷さんも「麗しき乙女の心を汚す輩は私が許さん。タキシード仮面参上!」と登場。タキシード仮面をイメージしたという帽子をかぶり、セーラームーンのTシャツを着ている。張りのある良い声……小学生の頃セーラームーンに熱狂した世代である記者は古谷さんの登場にクラクラした。この後、小佐野さんもステージに現れ、トークの内容はセーラームーンの誕生秘話に移っていく。

画像 古谷さん参上

「どたばたでした」――担当編集も苦笑いの制作現場

 セーラームーンは、同作よりも前に制作された「コードネームはセーラーV」(セーラーヴィーナスが主人公の作品)が母体となっている。「コードネーム〜」を東映アニメーションが気に入り、セーラームーンという派生作品が作られたのだ。武内さんは当時すでにほかの作品の連載準備を進めていたが、急きょセーラームーンを描くことになった。小佐野さんは「どたばたで始まった」と振り返る。

 その後すぐにアニメ化も決定。アニメは放送まで半年間という短い期間で準備した。「(スケジュール的に)ほんと無理っていうか無茶っていうか。東映のプロデューサーが夢のようなことおっしゃるので、死ぬかと思った。武内先生のパワーがなければできなかった」と、小佐野さんは当時を思い出して苦笑い。「(半年は)ありえないですよねー」と古谷さんも笑う。

 三石さんはオーディションで選ばれた。当時を思い出して「ともかくかしましい感じの現場でしたね」と一言。古谷さんをはじめ、実力派の声優陣に囲まれ「心強いを通り越してしまうくらい先輩のオーラを感じる」毎日で、緊張して過ごしていたという。ちなみに古谷さんは「男子は僕1人でハーレム状態だったんでこれはおいしいわい」と楽しんでいたそうだ。

画像 20周年ロゴ

「武内先生“は”原稿を1度も落とさなかった!」と担当編集

 アニメの評判は上々だったが、開始から半年後に打ち切りの噂が出るなど、裏側では危機もあった。「商品が売れなくてスポンサーが……ってこんなこと言っていいのかな」と小佐野さんはトーク中に爆弾発言。雑誌「噂の眞相」に“セーラームーン打ち切り”という記事が出て「やばいと思った」こともあったが、その後はムーンスティックがバカ売れしたことで「九死に一生を得」て、アニメは5年間も続いた。

 武内さんの仕事ぶりについては「結構真面目で仕事はよくやっていた。反動で買い物したりとかはあったけど(笑)」と小佐野さん。武内さんの協力もあり、アニメは「統一感が取れ、世界観がしっかりしていた」と振り返る。ちなみに漫画原稿は「1度も落とさなかった。武内先生“は”原稿を1度も落とさなかった!」と、小佐野さんが繰り返して強調すると、ニコ生の画面には「旦那www」というコメントが書き込まれ、笑いを誘っていた。

画像 武内直子さんの夫は同じく漫画家の冨樫義博さん。冨樫さんと言えば……ということで、分かる人には分かる「旦那www」の意味

「皆さまお手柔らかに」と武内さん

 イベント後半は、フランスで開催された「Japan Expo」の会場と中継でつなぎ、現地にいる「ももいろクローバーZ」も参加。セーラームーンの新アニメが来夏に全世界同時公開されること、新アニメの主題歌をももいろクローバーZが歌うこと――が発表された。ももくろの5人はセーラー戦士のコスプレ姿で「ムーンライト伝説」を歌い、フランスの会場を盛り上げた。

 セーラームーンが始まった20年前は、まだ生まれていないももくろのメンバーたち。自分たちが主題歌を歌うことはその日初めて知ったそうで、「ちっちゃいころからセーラームーンにあこがれていました」「(ムーンライト伝説は)ママが子守唄で歌ってくれていたのですごくうれしいです」と口々に語り、気合十分な様子だった。

画像 ももくろ参上!
画像 月に代わっておしおきよ

 新アニメでも三石さん、古谷さんが声を担当するかどうかは現時点では未定だが、三石さんは次のように語った。「去年東映アニメのプリキュアでハミィというキャラをやっていたとき、『本当にセーラームーンを見ててそういうのを作りたくて東映アニメに入った』と涙を流してくれるスタッフがいたんです。セーラームーンを好きなまま大人になった人たちが新作を見る。制作する私たちは、真摯に、心を込めて、前作よりもパワーアップする気持ちで取り組まないといけない」。

 続けて、古谷さんは「フランスと同時中継でやらせてもらって、セーラームーンが新たな一歩を踏み出すんじゃないかなって気がしてます」とコメント。「面白い作品をみんなで必死になって作れば、また結果がついてくると思う」「やさしくホットなまもちゃんとスマートでクールなタキシード仮面の2役ができることを楽しみにしている」と締めくくた。

 最後に武内さんのコメントを三石さんが読み上げた。全文は次の通りだ。

 「皆様こんにちは。原作の武内直子です。連載開始20周年らしいです。また新しい出版やアニメの企画などのお話を頂き、とにかくびっくりしてます。作品連載当時はたくさんの人に愛された、幸せな幸せな作品でした。今またこのタイトルを聞くとちょっと恥ずかしい感じです。きっと皆さんもそうでしょう。

 でも昨日うれしい話を聞きました。ツインテールの元祖はセーラームーンだそうです。今も世界中から『セーラームーンが大好きでした』とよくお話を頂きます。そんな話を聞くたびいつも飛び上がって感激に喜ぶ単純な原作者です。

 これからどんな展開をして頂けるのかまだ何も知りません。正直怖いです。でもまたキャラクターたちが暴れてくれたら面白いかもと密かに思ってます。まずは今日が最初の1歩らしいです。皆さまお手柔らかに。ニコニコ顔で暖かく、お帰りと言ってくれるとうれしいです。おもいきり懐かしんでくれるとうれしいです。そうしてくれないと、『月にかわっておしよきよ!』とうさぎ役の琴ちゃんが言うでしょう」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」