ニュース
» 2012年07月31日 18時47分 公開

昔、不幸の手紙は今やチェーンメール

不幸の手紙は今やチェーンメールとして姿を変え、その範囲は広がり加速度もついた。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

かつて「不幸の手紙」なるものがあった。ネットのない時代だったので、葉書に「この手紙を〇人に送らないと災いが訪れる」と書かれていて、現在の中高年世代の人たちは実際に指示された人数分の葉書を送ったそうだ。

それが今やチェーンメールとして姿を変え、その範囲は広がり加速度もついた。子どもたちの世界ではチェーンメールが横行し、「殺される」という内容に怯えた子どもの母親からの相談も警察に寄せられているという。

さすがに独女世代は、「チェーンメールは無視するもの」という概念が浸透していると思う。しかし、みゆきさん(29歳)は震災直後に届いた「地震で大きな被害を受けなかった西日本の関西電力で働いている友人からの情報」だという節電を求める内容に「これをできる限り広めてほしい」と付け加えられたメールを転送してしまったという。送ってきたのが親しい友人だったので、何の疑いも持たなかったそうだが、その送信者の友人もチェーンメールとは全く気付かなかったそうだ。

節電を求める内容は正しいことだが、そのために何人もの人にメールを送ればネットワークに負荷をかけたり、誤った情報が広まったりする。そんなことは普段なら分かっていても、非常事態では冷静な判断は難しい。実際、このメールは国内でかなり広まってしまったようだ。

この他にも、震災後は善意の募金を呼び掛けるチェーンメールが急増した。数々の復興募金などはスルーしていたのに、ついひっかかってしまったというのがゆかりさん(30歳)。

「パリに音楽留学をしていた同級生から『帰国して復興コンサートをするので、できるだけ多くの人に知らせてほしい』というメールが来たんです。場所は未定でしたが日時は記載されていましたので、無視するのも…と思い同級生にはメールしました。後でチェーンメールだと気付いてびっくり。別にチケット代を振り込むように言われたわけでもないんですけど」

何のためにこんな紛らわしいいたずらをしたのかとゆかりさんは憤慨している。チェーンメールの内容には、1.幸福・不幸の手紙系  2.宣伝系  3.募集系 4. 誹謗中傷(嫌がらせ)系  5.その他とある。宣伝系には「出会い系・アダルト系サイト」のアドレスを含むものが多数見られるそうなので、不用意にリンクをクリックしないように注意したい。

「数年前ですがひっかかりました」というのは真美さん(26歳)。

大学時代の先輩から「友達のお父さんが経営しているペットショップが倒産して、2日後には子犬たち20匹が保健所に引き渡される」という内容が届き、ペット好きの真美さんは友人数人にメールを転送してしまったという。その後、その先輩から「さっきのはチェーンメールだった」とお詫びのメールがくるまで、チェーンメールとは全く気付かなかったそうだ。

このようにチェーンメールが一般的な迷惑メールと違う点は「送信者が必ず知り合いである」ということ。チェーンメールを止めるには送ってきた友人に直接止めるよう伝えるか、無視するしかない。内容に関わらず絶対に転送はしないことだ。(オフィスエムツー/佐枝せつこ)

(参考資料)

記事提供元:独女通信

livedoor CC-BY-ND

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」