美人ガンダムは本当に美人だった コスプレの覇を競う「世界コスプレサミット2012」徹底フォトリポート(4/4 ページ)

» 2012年08月06日 12時41分 公開
[松岡洋,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 いよいよ最終審査、というところで会場にデーモン閣下が登場。いつもならば存在感が際立つ閣下も、この舞台に上がるとさすがに紛れてしまう。

コスプレイヤーに紛れるデーモン閣下

 いよいよ古谷徹審査員長からの優勝者発表。1位には日本チームが選ばれた。2位はシンガポールチーム、3位には初参加国のインドネシアチームとなった。特別賞はシンガポールのダブル受賞とブラジルチーム、イタリアチームが選ばれた。

日本チーム優勝
2位はシンガポールチーム
3位はインドネシアチーム
特別賞。左からシンガポール、ブラジル、イタリア

 発表後、May'nさんは審査員インタビューで、海外ライブで訪れた国にコスプレという文化が根付いており、文化交流として見逃せないと語った。

審査員インタビュー。古谷さんとMay'nさん

 素晴らしいアクションを披露したインドネシアチームに「インドネシアでは日本の少林寺拳法などの武道・武術が盛んだが、何か武術の経験があるのか」と質問したところ、「コスプレのためのアクション勉強会をやっており、その成果」とのことだった。少林寺拳法を勧めたところ大きく頷いていたので、来年のインドネシアチームにも期待しよう。

アクション勉強会の成果を発揮したインドネシアチーム

 2位のシンガポールチームはカップルでの参加。彼氏から、彼女がとてもかわいいので衣装には電飾などという無粋なものは避けた、とのリア充的なコメントがあった。実際にかわいんですけど、末長く爆発したらいいと思います。

リア充なシンガポールチーム

 優勝者した日本チームは、まだ優勝した実感というものがなく、まだまだ未熟な点があり、さらに極めたいと終始非常に謙虚なサムライぶりだった。

優勝しても謙虚な日本チーム

おまけ

 事務局が置かれたホテルのロビーで何やらダンボールを工作している人がいたので、箱ガンダムでも作るのかと思っていたら、箱エヴァでした。それもなぜか弐号機。


 レッドカーペットパレードにて名古屋市のマスコットキャラ「はち丸」とお付きのお姉さん、ちょんまげがかわいい。


 パレードにてアメリカチームのガイナ立ちのタカヤ・ノリコ。


※記事で紹介しきれなかった写真をねとらぼのFacebookページに掲載しています。こちらもご覧ください。

著者紹介

松岡洋は日本のポップカルチャー情報を発信するONETOPI「日本のポップカルチャー」のキューレーター。1980年代に「月刊アスキー」に寄稿。海外で起きている日本ブームについて「なぜ日本に魅せられたのか」を調査し、ONETOPIで紹介している。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」