ニュース
» 2012年10月02日 18時48分 公開

さらにできるようになったな相模屋 「ズゴックとうふ」はズゴックおいしい(1/2 ページ)

ザクに続いて、こだわりが半端ない。

[宮本真希,ITmedia]
画像 いきなりどどーん

 2012年3月に始まった豆腐戦争で、ジオン軍による「ザクとうふ」は140万機以上出撃するなど大きな戦果をあげた。制宙権をほぼ掌握する至ったいま、戦いの舞台は宇宙から地上へと移りつつあった――。

 ということで「ザクとうふ」でおなじみの相模屋食料は10月2日(とうふの日)、かねてより計画していた“地球降下作戦”を開始すると発表した。極秘裏に開発した「鍋用!ズゴックとうふ」を鍋攻略戦用に、「ザクとうふ デザート」を砂漠戦用に投入するのだ。あえて言おう、魂のこもった豆腐作りであると。

画像 あらためて「ザクとうふ」のすごさをここに
画像 そしてなんかキター!
画像 相模屋さん、至って真面目です

 早速紹介していこう。「鍋用!ズゴックとうふ」は、ジオン軍の水陸両用モビルスーツ「ズゴック」の頭部をモチーフにした容器に豆腐を充填した商品。これからの寒い季節に向けて、煮崩れしにくい鍋用豆腐に仕上げた。もちろん長時間煮込めば端からポロポロと崩れてしまうが、「大気圏突入のシーンだと思って欲しい」と語るのは同社の鳥越淳司社長。だれがうまいことを言えと……。

画像 「鍋用!ズゴックとうふ」

 味は潮の香りをイメージしたほんのり昆布風味。寄せ鍋やすき焼きなど様々なお鍋に使える。発表会場では、豆乳スープで煮込んだ「ズゴック豆乳〜北極戦線〜」や、キムチと合わせた「ズゴックキムチ鍋〜熱帯沼地戦〜」などやたら気合いの入ったレシピが紹介されていた。記者はポン酢をつけて試食。プルプルな食感と酸っぱさがマッチしてとてもおいしかった。

画像 「ズゴックキムチ鍋〜熱帯沼地戦」。沼はキムチ、熱帯の植物はニラで表現
画像 「ズゴックよせ鍋〜ベルファスト〜」。なぜか椎茸のアッガイも
画像 「ズゴック豆乳〜北極戦線〜」。アーム・クローはきゅうりと大根で作れます

 味以上に注目なのは「何度もパックメーカーと試作を繰り返した」(鳥越社長)という容器だ。ズゴックが水面から姿を現し辺りをうかがうシーンをイメージし、頭部を斜め25.9(ズゴック)度に前傾させた。これは鳥越社長いわく「もっとも美しい」角度。背部のランドセルには「“汚し”を表現してリアリティを追求」するなど、半端ないこだわりっぷりとなっている。

画像 容器はこんな感じ
画像 ズゴック度の美学
画像 こだわりぬいてます。

 数量限定でズゴックのアームクローをイメージした「ズゴック・クロー・フォーク」を付属する。単体で立脚可能なデザインなので、食べた後は部屋に飾って楽しめる。

画像 今回のフォークは単体で立脚可能。さらにできるようになったな相模屋食料!
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」