ウケる企画は大喜利で生まれていた バーグハンバーグバーグの流儀に迫るネタに囚われの身のシモダさん(1/3 ページ)

変テコなプロモーションサイトや、「オモコロ」「地獄のミサワLINEスタンプ」などの独特なネットコンテンツで快進撃を続けるバーグハンバーグバーグ。代表のシモダテツヤ氏に面白さの源泉を聞いた。

» 2012年10月12日 11時00分 公開
[岡徳之,ITmedia]

 「インド人完全無視カレー」「イケてるしヤバい男 長島」「オモコロ 〜あたまゆるゆるインターネット〜」、そして「地獄のミサワLINEスタンプ」など、ネットでウケるヒットコンテンツを次々と世に生みだしている会社がある。ねとらぼ読者の皆様ならその名をご存知かもしれない、「バーグハンバーグバーグ」だ。

 時に世の中を風刺するメッセージもある彼らの企画は、一見「ちょっとやりすぎか?」と思えることもあるが、毎回見たものの笑いを誘い、愛されている。一体、ネットでバズるコンテンツはどのようにして生まれているのか、バーグハンバーグバーグのルーツはどこにあるのか、代表のシモダテツヤさんに話を聞くため会いに行ってきた。

バーグハンバーグバーグ代表のシモダテツヤさん。こ、これは……

クライアントに却下された“ボツ企画”

―― Webでウケる企画が定評のバーグハンバーグバーグさんですが、過去にクライアントからボツにされた企画案を教えてください。

 ソフトバ○クのプロモーションで「12カ月で孫○義さんの肉体が完成するデアゴスティーニ(※)風プロモーション」を提案しました。毎月孫さんの肝臓とか顔とかのパーツがばらばらと届きます。で、11カ月で丸裸の孫さんができあがって、最終号に付いてくる鎖かたびらを首からぶら下げて完成と。もちろん創刊号はお得じゃないといけないので心臓を2つ付けるつもりでした。ちなみにこのときは、念のための代案も持っていきました。それが「こすると孫○義さんの耳の後ろの臭いがするスクラッチカード」でした。が、これもボツでした。

※デアゴスティーニ:毎月届くパーツを組み立てると模型等ができあがるシリーズが人気の分冊百科

 味の○さんの「Cook Do」(※1)のときもボツになってしまいましたね。あの商品ってテレビCMでチンジャオロースをものすごくおいしそうに食べるじゃないですか。そこで、イケてるしヤバい長島さん(※2)ってハゲを小部屋に閉じ込めて7日間水しかあげず、餓死寸前まで追い込んでチンジャオロースをあげたらどうなるか、という実験をやろうとしました。でも本当に餓死してしまった場合はさすがに味の○さんにご迷惑をおかけするから、1週間味のないものだけをあげようと妥協案も提出しました。なにもかけてない豆腐だけを1週間あげ続けたら、人が発狂する寸前を見れるんじゃないか、さすがにおいしそうに食べるんじゃないかと思ったんです。

※1Cook Do:切った野菜や肉などの食材に加えて炒めるだけで料理ができてしまう中華合わせ調味料シリーズ

※2長島さん:イケてるしヤバい男 長島

バーグハンバーグバーグ流のWebでウケる企画の作り方

―― ……ボツにしておくのがもったいない企画ばかりですね。Webでウケる企画ってどうやったら思いつくんですか?

 基本的には社員全員でアイデア大喜利を行なっています。最初にプロモーションの目的とかを共有し、「普通に作るならこういう形」という話をします。そして、そこから一旦離れてボケにボケを重ねていきます。大喜利じゃないと突飛なものって出てこないんです。ボケにボケを重ねて、最後にお客さんのニーズと整合性を取るようにしています。

 ちょっとふざけたような提案をして大丈夫なのかとよく言われますが、バーグはお笑いの会社なのでお客さんもウチに声をかけてくださる時点で、おふざけを期待されていると思うんですよ。最近はいろんな企業さんがコンプライアンスを気にしすぎてはっちゃけた企画ができなかったりします。怒られないようにと気にしすぎて、安全策を過剰に取りすぎてどっかで見たような面白くない企画になってしまうときってあるじゃないですか。もしそうなったら引くか、またほかの案を提案します。

―― 不動産投資サイト「楽待(※)」の特設サイトも大喜利で企画したんですか?

※楽待:国内最大の不動産投資サイト。特設サイトでは金持ちを持ち上げ、貧乏人を見下すキャラが登場

 「楽待」のサイトは、訪問者の年収(自己申告)が1000万円を超えているかどうかで、見られるサイトを変えました。お客さんから楽待PRの相談をいただいたとき、「不動産投資かあ、自分ら小市民には関係ないなあ」「貧乏人は見ないよなあ」という話で全員一致しました。そこで、元々のターゲットであるお金持ちにはペコペコ、我々のような貧乏人には急に態度をころころ変えて唾などを吐きかけてくるキャラクターを立てることにしました。普通だったら「年収の低い人をバカにするな」って叩かれるじゃないですか。でも逆にそういうものを逆手にとれると面白いかなと思いまして。

 楽待の場合、クライアントさんが「バーグさんの好きなようにしてください」と寛容だったので、提案した通り企画が採用されました。あのサイトのノリはバーグのルーツである“テキストサイト文化”の面白さだと思います。キャラクターの表情やセリフのテキストで面白く世界観を構築していく、バーグらしい仕事でした。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」