ニュース
» 2012年11月14日 14時55分 公開

ミュージカル好き必聴、いや必見! あのアゴジンが「ひとりライオンキング」で帰ってきた

おいヤツがまたやらかしたぞ! 動画の最後に映るドヤ顔のワケとは。

[宮田健(ONETOPIディズニー),ITmedia]

 七色の声を操るケツアゴのイケメン、ニック・ピテラをご存じだろうか。映画「アラジン」でのデュエット曲、ホール・ニュー・ワールドを全部1人で歌ったり、「リトル・マーメイド」の素敵ソング、パート・オブ・ユア・ワールドを美声で歌ったり……映像を見ないとそのすごさが伝わらないシンガーだ。動画はニコニコ動画にも転載され人気となっており、ニコニコ内では「アゴジン」の通称で親しまれている。

 そのニック・ピテラがまたやらかした。今回のネタは11月13日にブロードウェイ上演15周年を迎えた、舞台版「ライオンキング」。もちろんコーラスから何からすべてニック・ピテラ。そのエンディングにはアッと驚く展開が!

 なんと今回、ニック・ピテラの新作のために実際のライオン・キング出演者たちが協力、実際の舞台で歌うニック・ピテラが拝める。最後のドヤ顔が大変すがすがしい。

画像 リードボーカルもコーラス×3も全部ニック・ピテラ
画像 見つめ合うニック・ピテラとニック・ピテラ、名曲「愛を感じて」
画像 あれ? ニック・ピテラじゃない……!
画像 ええええ、これは!

 おまけとして、彼がいままでやらかしてきた、すてきな歌の数々をご紹介しよう。ミュージカルが好きな人やディズニーファンにはたまらないラインアップですよ!

ディズニーの名曲を1人でお送りする「One Man Disney Movie」

あの重厚な楽曲「オペラ座の怪人」を1人で歌いこなす「One Man Phantom of the Opera」

映画「塔の上のラプンツェル」のあの曲も1人デュエット

映画「タイタニック」のアレももちろん……

9分割で1人「レ・ミゼラブル」

初期の名作「ホール・ニュー・ワールド」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む