ニュース
» 2012年12月13日 16時57分 公開

文化庁メディア芸術祭、Perfumeのプロジェクトや「勝手に入るゴミ箱」「クラタス」が受賞

アニメーション部門には「おおかみこどもの雨と雪」も。

[ITmedia]

 第16回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が12月13日、発表された。テクノポップグループPerfumeのWebプロジェクトや、ネットで話題になった「勝手に入るゴミ箱」などが約3500作品から選ばれた。

 アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門あり、エンターテインメント部門ではPerfumeの世界デビュープロジェクト「Perfume "Global Site Project"」が大賞を受賞した。Perfumeのダンスのモーションキャプチャデータと音源を無償で公開して、作品を作ってもらうという試み。消費者による2次創作を「公式に、用意周到に後押しした」ことが評価された。

Perfume "Global Site Project"

 同部門ではほかにニコニコ動画で人気を集めた「勝手に入るゴミ箱」、人間が乗れる巨大ロボット「KURATAS」(クラタス)などが優秀賞を受賞。新人賞にはFacebookでまとめて「いいね!」が付けられるGoogle Chrome機能拡張「どうでもいいね!」などが選ばれた。

クラタス(7月のワンダーフェスティバルにて

 アニメーション部門では大友克洋氏の「火要鎮」が大賞を、細田守氏「おおかみこどもの雨と雪」などが優秀賞を受賞。新人賞には「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」が入っている。昨年はアニメーション部門で「魔法少女まどか☆マギカ」が大賞を受賞した。

 マンガ部門ではブノワ・ペータース氏とフランソワ・スクイテン氏の「闇の国々」が大賞に。相田裕氏の「GUNSLINGER GIRL」などが優秀賞を受賞した。アート部門では、声楽家を角度可変の台座に立たせて歌わせる「Pendulum Choir」が大賞に選ばれた。また功労者として、ガンダムのメカデザインを手がけた大河原邦男氏らが挙げられている。

 2013年2月12日に受賞者への贈呈式を行い、2月13日から24日までの間、国立新美術館(東京・六本木)をメイン会場に、受賞作品を展示する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ