ニュース
» 2013年02月01日 08時41分 公開

アラブ世界で“カワイイ”が受けるワケ(後編)

日本人クリエイターの“カワイイ”イラストがアラブ首長国連邦(UAE)で人気を博した理由は――。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode

 日本のイラストレーター、小野眞智子さんは最近、世界の一流クリエイターが集まるアラブ首長国連邦(UAE)のAbu Dhabi Art Hubに招かれた。

 小野さんははじめ、自分の作品が非常に好意的に受け入れられたことに驚いた。彼女のかわいい絵は新鮮で、多くの人から質問を受けた。作品を気に入り、購入する人も多かった。アラブの文化世界では、「カワイイ」のジャンルに入る作品はほとんどなく、人々はかわいいものに飢えていた。彼女は、アラブ世界にかわいいものへの需要があるから、自分の作品はこんなに受けたのだという結論に至った。彼女のかわいいイラストは、アラブのアニメ・漫画ファンが集まるさまざまなワークショップでも非常に人気がある。

 一方で小野さんは、アラブ世界では「文化」という感覚をつかめないと感じている。アラブ世界は急速に発展して、遊牧民的な風景は高層ビルに取って代わられており、日本の茶会のような文化遺産の名残が見られないという。おそらくそのために、アラブの文化界は“カワイイ”文化を珍しいものととらえ、自分たちの文化にも同様のものを切望しているのだろう。

 実際、Abu Dhabi Art Hubを創設したアフメド・サレ・アル・ヤフェイさんはまさに、このアートがアラブ世界の文化になり得ると信じてアートスペースを運営している。

 言い換えれば、“カワイイ”はいつか世界平和に貢献できるかもしれないということだ。

原文:The Reason Why the Arab World Embraced "Cute" [2/2]

関連キーワード

かわいい | 文化 | 日本 | イラスト | 海外 | 芸術


© Tokyo Otaku Mode Inc.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる