ニュース
» 2013年04月05日 05時00分 公開

水嶋ヒロさん主演の映画「黒執事」、“主人”役に剛力彩芽さん

2014年新春公開予定。

[ITmedia]

 実写映画化する「黒執事」で主演・水嶋ヒロさん演じる執事と契約を交わした主人役に剛力彩芽さんが決定した。

画像 剛力彩芽さんはオリジナルキャラクターの主人役に

 原作は月刊「Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)で、2006年から連載中の枢(トボソ)やな氏の代表作。現在16巻まで刊行されており、累計発行部数が1500万部を突破し、テレビアニメ化や舞台化がされている。

 実写版では時代設定を一新した。剛力彩芽さんは原作をベースにしたオリジナルのキャラクターで男装の少女・幻蜂汐璃(げんぽうしおり)を演じる。

 時は2020年、舞台は西洋と東洋の文化が入り乱れたアジアの都市。汐璃は、男装して清玄(きよはる)と名乗り、巨大企業ファントム社を経営している。イギリス名門貴族ファントムハイヴ家の末裔である彼女の一族は、男子しか当主になれず、そして代々引き継がねばならない任務があった。女王の命令で難事件を裏で解決するのがその任務。女を捨てた汐璃に仕えるのが水嶋ヒロさんが演じるセバスチャン。セバスチャンは、汐璃が復讐を果たすまで彼女を守り抜く代わりに、願いを叶えたその時には彼女の魂を喰らうという契約を交わした悪魔の執事だった。2人は世界を巻き込む怪事件を追う。

 クランクインは4月。2014年新春公開予定だ。

(C) 2014 枢やな/スクウェアエニックス (c)2014 映画「黒執事」製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」