ニュース
» 2013年04月05日 05時00分 公開

水嶋ヒロさん主演の映画「黒執事」、“主人”役に剛力彩芽さん

2014年新春公開予定。

[ITmedia]

 実写映画化する「黒執事」で主演・水嶋ヒロさん演じる執事と契約を交わした主人役に剛力彩芽さんが決定した。

画像 剛力彩芽さんはオリジナルキャラクターの主人役に

 原作は月刊「Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)で、2006年から連載中の枢(トボソ)やな氏の代表作。現在16巻まで刊行されており、累計発行部数が1500万部を突破し、テレビアニメ化や舞台化がされている。

 実写版では時代設定を一新した。剛力彩芽さんは原作をベースにしたオリジナルのキャラクターで男装の少女・幻蜂汐璃(げんぽうしおり)を演じる。

 時は2020年、舞台は西洋と東洋の文化が入り乱れたアジアの都市。汐璃は、男装して清玄(きよはる)と名乗り、巨大企業ファントム社を経営している。イギリス名門貴族ファントムハイヴ家の末裔である彼女の一族は、男子しか当主になれず、そして代々引き継がねばならない任務があった。女王の命令で難事件を裏で解決するのがその任務。女を捨てた汐璃に仕えるのが水嶋ヒロさんが演じるセバスチャン。セバスチャンは、汐璃が復讐を果たすまで彼女を守り抜く代わりに、願いを叶えたその時には彼女の魂を喰らうという契約を交わした悪魔の執事だった。2人は世界を巻き込む怪事件を追う。

 クランクインは4月。2014年新春公開予定だ。

(C) 2014 枢やな/スクウェアエニックス (c)2014 映画「黒執事」製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響