ニュース
» 2013年04月08日 18時09分 公開

残すところあと1年 Windows XPとOffice 2003のサポートが2014年4月に終了 【デジ通】

Windows XPとOffice 2003のサポートが1年後の2014年4月8日に終了する。サポートが終了すると、かなりの混乱が起きるのではと言われている。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

マイクロソフトのWindows XPとOffice 2003のサポートが1年後の2014年4月8日に終了する。Windows XPは2001年10月に発売、Office 2003は2003年9月に発売されたため、どちらも発売から10年以上サポートが続いたことになる。特にWindows XPは、サポート期間を延長せざるを得なかった経緯などもあった。サポートが終了すると、かなりの混乱が起きるのではと言われている。

マイクロソフトのサポートと言っても、ユーザーからの単純な問い合わせへの対応から、バグフィックスのための更新プログラムの提供など、多岐にわたる。もちろん製品のライセンス内容によっても異なる。あと一年で終了するサポートの内容はどういったモノなのだろうか。

マイクロソフトのサポート内容

マイクロソフトのサポートは製品販売から最短5年の「メインストリームサポート」と、それが終了した後の最短5年の「延長サポート」がある。2001年に販売されたWindows XPは、2006年にメインストリームサポートが終了するはずだった。

しかし、後継製品であるWindows Vistaの開発が遅れに遅れてしまい2006年を通り越し2007年1月に発売されたことから、メインストリームサポートが2009年4月までずれ込んでしまっていた。この5年後の2014年4月が延長サポートの期限となる。

メインストリームサポートでは、ユーザーからの問い合わせの対応や、プログラムの修正、サービスパックの提供などがされるが、その後の延長サポートでは有償での問い合わせ対応、プログラムの修正のみが提供される。

延長サポート終了後は、無償有償を問わずマイクロソフトによる問い合わせ対応などが一切なくなり、よほどのことがない限り、プログラムの修正なども行われない。

この期間や内容は「マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシー」によって決まっている。

そもそもマイクロソフトからサポートを受ける対象は一部

Windows OSの販売形態は、いくつかに別れている。パッケージ版、OEM版、DSP版が我々ユーザーがよく目にする形態だ。

たとえばほとんどのユーザーは、Windows搭載パソコンを最初からOS(Windows)がプリインストールされた状態で購入する。このWindowsはOEM版で、マイクロソフトからパソコンメーカーへ提供されたOSであって、対応は各パソコンメーカーが担当することになる。

パーツショップなどで、メモリーモジュールやUSB3.0インターフェイスカードなどとセットで安く販売されているのはDSP版で、このバージョンのサポートは販売したパーツショップなどが担当する。

このように問い合わせする対象は、マイクロソフトではなく、OEM版なら各パソコンメーカーが担当し、DSP版なら販売ショップが担当ということになり、マイクロソフト自体のサポートとは直接関係ないのである。

だがマイクロソフトに直接問い合わせできる場合もあり、それがパッケージ版だ。さらにOEM版でも別途有償のパーソナルサポートを申し込むことでマイクロソフトから直接サポートを受けることができる。

定番のビジネスソフトであるOfficeなどもPCにプリインストールされたOEM版を使うケースも多いだろうが、学生などは安く購入できることもありパッケージ版を購入する人も多いだろう。このパッケージ版の場合、当然問い合わせ対応はマイクロソフトが行う。

メーカーが直接サポートしてくれることが安心につながっているわけだが、Windows XPなどは現在延長サポート期間であり、有償での直接サポートが受けられる。しかし、これが2014年4月以降なくなってしまうわけだ。

プログラム更新がなくなったOSはセキュリティ上無防備に

マイクロソフトが提供しているプログラムの更新は、当然マイクロソフトから提供される。サポートが終了することで、このプログラムの更新が基本的になくなる。延長サポート期間は不都合の修正などが行われていたが、セキュリティ上の欠陥も含めてプログラムの更新は終了する。

当然ながら、サポートが終了してもWindows XPもOffice 2003も使うことはできる。ただし、バグやぜい弱性が発見されたとしてもアップデートは行われないため外部からの攻撃に無防備になってしまうため、セキュリティ対策は自己責任となってしまう。完全に無防備になったOSを使い続けるというのは、非常に危険だ。ここ1年でWindows 7かWindows 8への乗り換えを検討したほうがいいだろう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

デジ通の記事をもっと見る

記事提供元:ITライフハック

livedoor CC-BY-ND

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」