ニュース
» 2013年04月22日 09時09分 公開

これぞMADE IN JAPAN!! 超クオリティiPhoneケースに宿るキャラクターの魂 [1/2]

アニメコラボiPhoneケースも手がけるギルドデザインの松葉真一氏に、「メイドインジャパン」へのこだわりを聞いた。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode

 「メイドインジャパン」にこだわり、新商品のたびにファンが驚かせる完成度の高いiPhoneカバーケースを世に送り出してきた、有限会社ギルドデザイン取締役の松葉真一(まつば・しんいち)氏のインタビューをお伝えしよう。

Q. 御社の立ち上げから現在に至るまでの歴史を教えてください。

A. 1994年に会社を設立した当初から、オートバイ用アフターパーツ、レース用部品の設計、製造を行っていました。2000年頃まではオートバイブーム時代のおかげで活況がありましたが、それ以降はオートバイの国内販売台数は少しずつ減り、2011年には販売台数が10分の1以下にまで減っている現状です。

 当時、私自身がアップル社の製品が好きで、初代iPod shuffleを購入した際(7〜8年前!?)に自社の設備を利用して自分用のアルミケースを作っていたのですが、その時はオートバイ事業が好調だったため市販化されることは無かったんです。2008年にiPhone3Gを購入したんですが、画面を破損したことでまた自分用のケースを製作したら、それを見た友人たちからの評判が良く、商品化の要望も受けたので事業化を決意いたしました。2010年3月に3GS用ケースを発売した直後に、iPhone4発売に合わせて現行の「ソリッド」シリーズ(商品名)を発売したら大ヒット商品になりました。きっかけはYouTubeにアップした動画だったのですが、それ以降は多数のテレビや雑誌に紹介され、累計でiPhone4用ケースを約2万5000個、iPhone5用は半年で約2万個販売するまでに成長しました。

Q. 「メイドインジャパン」にこだわられる理由はなんですか。

A. 工作精度が高いという一点につきます。もちろん個人的にも日本製が好きですし、購入するお客さま側も日本製だと安心出来るのではと考えています。衰退した国内製造業に対して、何らかの良い影響も産んでいきたいと思っています。

Q. 「メイドインジャパン」だからできることや、その強みを教えて下さい。

A. 他社に真似の出来ない精度です。例えば、上下のケースの組み合わせ精度、誤差1/100mm以下にする技術は「メイドインジャパン」でないと難しいと言えます。ケースのバリ(加工時にできるトゲ状の物体)の処理も、他社の製品はバリが多いのですが、当社はそれをコンピューター制御で取り除いており、その技術のレベルの高さも保持してます。商品を作成するために、素材、加工法、表面処理全ての加工を高いレベルで守っているので、自信を持ってお客様に商品を提供できるのです。

Q. iPhoneケースを主力商品にすえられた理由を教えていただけますか。

A. さきほどの話でも述べたのですが、私自身がそもそもアップル社製の商品のファンで、iPhone3Gから自分自身がよく使っていました。その時に良く画面を破損していたんです。また、商品を開発した時期である2010年当時、iPhone以外にスマートフォンが殆どなく、あったとしても個人的に心を引きつけられる端末がほかになかったからです。

Q. アニメとのコラボレーションをはじめられたきっかけを教えて下さい。

A. 初めてのアニメコラボは『宇宙兄弟』です。知人から「漫画の中にギルドデザインっぽいケースが出てるよ」と教えてもらったのがきっかけです。確認してみると確かによく似たケースが、漫画の中で2025年のスマートフォンとして描かれていたんです。思い切って作者の小山宙哉(こやま・ちゅうや)先生にメールしたところ「ギルドデザインのケース愛用してます」と返信があった。まさかご本人からそんなメールをいただけると思っていなかったので、嬉しかったですね。小山先生から著名な編集者である佐渡島庸平(さどじま・ようへい)様を紹介していただき、順調に話が進みました。当時まったく無名だったギルドデザインと講談社の人気漫画のコラボは関係者にも奇跡だと言われたりしました。

 ゲームとのコラボは『METAL GEAR』でした。コナミの小島(こじま)プロダクション様に声をかけていただいて採用が決まりました。ゲームコラボはアニメよりも早い時期に決まったし、数社のコンペティションだったので、採用が決まったときは本当に嬉しかったです。コナミ様とはそれ以後、複数のコラボ製品を世に送り出しています。(表向きはギルドデザインの名が入っていない物もあります)

後半へつづく

「ギルドデザイン」公式ホームページ

英文:Made in Japan! Ultra Quality iPhone Cases Hold the Spirits of Popular Characters [1/2]

© Tokyo Otaku Mode Inc.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2206/24/news048.jpg 溝にはまり鳴いていた子猫を保護→たった一晩で…… 先住猫より前でゴハンを待つ姿に「堂々としてる」「ちっちゃい!」

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」