ニュース
» 2013年04月27日 14時48分 公開

ニコニコ超会議2:朝4時起きを半年間――力作「紙ミク踊らせてみた」は文字通りの“紙”動画だった

クリエイターズサミットブース「動画アワード座談会」では、人気動画の投稿者が制作時の苦労を明かした。

[ねとらぼ]

 ニコニコ超会議2「クリエイターズサミット」ブースでは、ニコニコ動画で活躍する動画クリエイターらによるトークセッションを開催。1日目の「動画アワード座談会」セッションでは、昨年の「動画アワード2012」受賞者を招き、撮影時の苦労や裏話などが語られた。

画像

子供たちに「仮面ライダーだ!」と騒がれたことも

 面白かったのが、ねとらぼでも「アツすぎる」と紹介した、自主制作動画「仮面ライダーシンギ」(エンターテイメント部門MVD)の作者・DTRさんの撮影秘話。自主制作とは思えないクオリティで話題になった「仮面ライダーシンギ」だが、怪人の着ぐるみは100均ショップで買った数千円のスーツがベース、ライダーのコスチュームも東急ハンズで材料を揃え、トータルでは3万円くらいしかかかっていないそうだ。

 撮影にかかった日数は3日間で、いずれも人がいない早朝を狙って撮影。それでも途中、子供連れのお母さんに写真をせがまれたり、隣で野球の練習をしていた子供たちに「仮面ライダーだ!」「ホンモノ初めて見た!」などと騒がれたこともあったとか。

「当時ちょうどウィザードが始まる少し前だったので、たぶんフォーゼの次はこれだ! って思われてたと思います(笑)」(DTRさん)

画像 投稿者・DTRさん。本人も平成ライダーの主人公っぽい顔立ち

画像 このコスチュームが3万円で作れるらしいです


「毎日朝4時起床」を半年間

 さらにものすごかったのは、切り絵のミクにストップモーションで「ねこみみスイッチ」を踊らせた「【紙ミク】ねこみみスイッチ【踊ってみた】」(VOCALOID部門MVD)のミロさん。約4分ほどの曲だが、1秒あたり10コマの切り絵を使ったため、全体で使用した切り絵は約2400枚にものぼった。何気なく始めてはみたものの、20コマほど作ったところで「なんでこんなことを始めたんだろう」と頭をかかえたとか。

 普段は会社員で、切り絵制作の時間は毎朝4時に起きてむりやりひねり出した。時には会社の昼休みに、会社の人に隠れてこっそり作っていたこともあったという。ここまで来るともはや執念の産物。結局、完成までには半年間を要したそうだ。

画像 投稿者のミロさん

画像 あらためて見てもすさまじいクオリティ

人気動画は一夜にして成らず

 座談会ではそのほか、「『ペプシマン』全部俺ってみた」(年間グランプリ)のタイ焼き屋さん、「全力でスイッチをONするとOFFするロボットと戦ってみた」(ニコニコ技術部部門MVD)の回路師さん、「サバイバルゲーム 枯れた声で実況プレイ」(スポーツ部門MVD)も登壇し、それぞれに撮影時の苦労を語ってくれた。華々しい人気動画の裏側には、やはり数え切れないほどの苦労があったようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」