ニュース
» 2013年05月07日 09時30分 公開

使う機会が多いだけに知っておきたい! Facebookメッセージのモテるお作法モテ機 Vol.50

オンオフ問わず使われるようになったFacebookメッセージ。みんな、“マナー”は守れてる?

[池田園子,ねとらぼ]

 Facebook人口が拡大した近年、SMSやMMSをあまり使わなくなった。代わりに使う機会が急増したのはFacebookメッセージだ。オンオフ問わず、何でもFacebookで連絡が来る時代。でも、常識的な使い方、できていますか? 思わずがっかりしてしまうFacebookメッセージについて、周囲の人たちに聞いてみた。

便利に見えるけれど……チャットに潜むワナ

 Facebookメッセージはもちろん長文をいっぺんに送ることもできるが、チャットのように短文をポンポンと送ることもできる。PCからでもスマホからでもチャットはできる。実はここにワナがある。印刷会社に勤める29歳のA子は「チャット機能は便利だと思うけど、一文で送ればいいものを細切れにしてチャットで送られると、プッシュ通知が何度もくるのでウザい。気になる男子とデートの約束をしていたんだけど、『そういえば』『今夜』『何食べたい』『?』と4分割されて来たの。これくらいの文量なら、1回で送れば良くない?」と若干いら立っていた。

 Facebookメッセージをスマホで使っている人は「Facebook Messenger」というメッセージに特化したアプリを使っていることが多い。このアプリの「プッシュ通知」をオンにして、メッセージが来るたびにスマホのホーム画面へ通知される仕組みにしている人が大半だ。意味もなく短文を分割して送ると、そのたびにスマホに通知が来てブーブー振動したり、電池を食ったりする。1度で送れるものは妙なところで分割せずに、慌てず一文にして1回で送る方が紳士的だと思う。

夜中に送られて起こされるとイライラMAX!

 Facebookだからといって、夜中もいいとこ(!)な3時台や4時台にメッセージを送ってくる、ちょっと迷惑な男子もいる。前述したように、 Facebook Messengerを使っている人は、プッシュ通知される設定にしている人が多い。それが夜中であろうと明け方であろうと、スマホを機内モードなどにしていない限り、ブーブーと通知が来る。

 IT企業で働く27歳のB子は「ケンカ別れした元カレから、2時台にFacebookメッセージで起こされた。『最近、元気してる?』って書いてあっただけ。非常識な行動にイライラして、目が冴えたので、なかなか眠れなかった。アンタのせいで起こされて寝不足になったわ、と返信しておいたけどね」と怒っていた。たとえ通知の音はそれほど大きくないにしても、眠りの浅い人であれば目を覚ますこともある。またFacebookメッセージは、メールと同じだ。深夜3時にメールを送るのは正しいか、正しくないか――これを冷静に考えてみると、深夜にFacebookメッセージを送ることが、どういうことなのか分かるはず。

微妙なスタンプ続々 本当に使えるのはコレ!

 先日ついにFacebookメッセージでもスタンプが使えるようになった。LINEから始まった世界的な“スタンプブーム”にFacebookがようやく乗ってきた感じ。でも残念なことに、ネット上では「あんまり……かわいくない」「キモすぎる」「バタ臭い」といった意見ばかりで、スタンプそのものを評価する声は筆者が探した限り、ほとんど見当たらなかった。

 本当にハッキリ言ってかわいいスタンプはないが、しいていうならスタンプストアから無料でダウンロードできる「マンゴー」(猫だと思う)が、女子人気が高かった。逆に女子からNGを出されたのは「ナポリ」(ピンク色をした謎の生物)。「ちょっと不気味」「どうしてこんなスタンプ作っちゃったの」「送られてきたら嫌がらせかと思う」といった散々な意見だった。スタンプを送りたい場合には、自分がもらったときに、笑顔になれるようなものを選んで送るようにしてほしい。

 今後もしばらくの間はFacebookメッセージを使う機会が減ることはないだろう。なにせ、合コンでもFacebookアカウントを交換する時代なのだから。適切なマナーを守ってメッセージを送っていただきたい。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げたFacebookメッセージの使い方を実践したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。

関連キーワード

Facebook | モテ機 | スタンプ | チャット


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」