ニュース
» 2013年05月10日 02時06分 公開

愛ゆえの幻か、はたまた真実か:初音ミクの誕生は20年前から予言されていた? ネットの書き込みでうわさ広がる ※追記

詳しい情報を持っている人、ご連絡ください。

[ITmedia]

 初音ミクの誕生は20年前から予言されていた――。

 そんなうわさが現在、ネットで広がっています。発端はVOCALOID情報サイト「初音ミクみく」に投稿された読者コメント。1990年代に放送された「EXテレビ」という深夜番組の録画テープをチェックしていたら、当時の著名な予言者が、未来についてこんな予言をしていたそうです。

  • 2020年までに日本の歌が日本語で世界で歌われるようになる
  • 彼女は……というかそれは人ではないが少女、年齢は……16歳、の形をしているので「彼女と呼ばせていただく
  • 実際には誕生して5年目だが16歳。矛盾しているように聴こえるかもしれないが矛盾はしていない。というか彼女は歳を取らない
  • 彼女は最初声だけでこの世に現れる。後から姿が登場する
  • 彼女のファンは世界中に現れ、彼女の格好やファッションを真似るファンも世界中にたくさん現れる
  • 髪の色やファッションなど青い
  • 他に原色で統一された仲間の様な者たちがいる……
  • この新しい創造の流れは日本の北海道で起こります。いまはその青年は東京にいますが、やがて北海道に移り北海道から世界に広がります

  (初音ミクみく「1990年代のTV番組『EXテレビ』で『初音ミク』が予言されていた…かもな件」より)


 「人ではないが少女の形をしている」「最初は声だけで現れ、後から姿が登場」「髪の毛やファッションなど青い」「流れは北海道から起こる」――など、どれも「初音ミク」を指しているとしか思えない内容。さらにはこれを受けて、「自分も見ていた記憶がある」など、投稿者の証言を裏付けるようなコメントも書き込まれます。もしもこれらの証言が本当なら、確かに初音ミクの存在は20年前に予言されていたということに……。

 ただ一方では、「予言にしてはあまりにも数字や年代指定が具体的すぎる」など、「釣りではないか」といった指摘も多く寄せられました。また、投稿者の証言が本当ならば手元に番組の録画テープがあるはずですが、「ぜひ動画をアップしてくれないか」とコメントで指摘されると、「なにしろ膨大な過去番組のVHSテープがウチにあるんで(略)あのVHSテープの山から探すとなると今すぐにはとても」と、すぐにアップロードするのは難しいとの回答。ううむ、これはなんとも……。

 結局、予言は本当にあったのか、それとも愛ゆえの幻だったのか真相は分からずじまい。もしも詳しい情報を持っている方、「自分も見た」という方は、ぜひねとらぼ編集部までご連絡ください。編集部でもテレビ局に問い合わせてみるなど、真偽を確認してみたいと思います。


5月10日追記

 日本テレビに問い合わせてみましたが、当時の番組担当者がすでに社内におらず、詳細については分からないそうです。また過去の番組映像をさかのぼって当たるのも難しいとのこと。明確な映像ソースが示されるまでは、釣り・デマの可能性が高いと見ておいた方がよさそうです。


さらに追記

 元サイトが更新され、釣りであった旨が追記されました。発端となったコメント主(とおぼしき人)による追加コメントは以下のとおり。

事態の拡大を避けるため早期の解決を施したく以下の3点を申し上げます。

  • 当方の当該コメントは他コメントと重なる点以外虚偽の報告であったこと
  • 釣りであること
  • 当方コメントの自主的な全面削除の実行

なお無用の憶測を避けるため、この判断は完全に自主的な判断によるものであることに間違いないことをご報告させていただきます。

ボカロ文化の発展に当方行動が少なからず悪く影響したとなれば大変申し訳なく思っています。

多数コメントの方々にはお騒がせし申し訳ありません。また考えるところ各方面に渡り、具体的にご迷惑をおかけしている方々もあるかと想像しています。そうした方々へはこの度の私の軽率な投稿によりご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんでした。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた