ニュース
» 2013年05月17日 12時17分 公開

誰かやると思っただろ?:ロッテリアの「麺屋武蔵ラーメンバーガー」でラーメン作ってみた

5月17日より関東先行発売! むしゃくしゃしてやった。後悔していない。

[ねとらぼ]

 ある意味期待を裏切らないロッテリアが提案する「麺屋武蔵ラーメンバーガー」が5月17日に先行販売された。本来は5月20日に発売予定だったが、反響に応える形で関東エリア137店舗限定で先行販売されている(他店舗は予定どおり)。ならば食べてみようじゃないか、「ひとあじ違う ロッテリア」(←ロッテリアのキャッチフレーズです)というものを!

画像 ゴゴゴゴゴゴ! 「バンズではさめばバーガーだろ?」と言わんばかりのロッテリアの力強さを感じる

 「麺屋武蔵ラーメンバーガー」は「麺屋武蔵 新宿本店」監修のもと開発。国産小麦を使用したオリジナルのラーメンに下味をつけ表面を軽く焼いたパティと、「麺屋武蔵 新宿本店」の味を再現したチャーシューをバンズではさんだ斜め上をいったバーガーとして注目された。付け合せには「麺屋武蔵 新宿本店」のかつおダシが際立つスープがついてくる。価格は634円。

 特筆すべきはハンバーガーショップとしては異例となるラーメンならではの「替え玉」が100円で用意されている点。もちろんそちらも迷わず購入してみた。

画像 ではいただきます!

画像 替え玉単品はバーガーと違って生麺タイプ。スープが濃い目なので、浸してつけ麺気分で食べるのが正解な気がする。替え玉だけの購入も可能

 パティのラーメンはぎゅっと焼いて固めてあり、チャーシューのソースとからまって美味しい。バンズとラーメンという炭水化物の塊のため、チャーシューが思いのほか安心感を与えてくれる。付いてくるはしを使うことなくいただけるが、味の変化を楽しみたい方は麺をほぐしてスープにつけて食べてもいいだろう。

 あれ? 食べている途中にふと疑問が。これ、普通に湯がいたらラーメンになるんじゃないか? しかもここに替え玉もある。これは試さずにはいられない。

 目を付けたのは替え玉。こちらはバーガーのラーメン(パティ)と違って焼いていないので生麺のまま。こちらをお湯へ投入してみた。なにぶん初めてのことなので様子見ながらおよそ1分。いい感じにほぐれたので、ついてくる麺屋武蔵の味を再現したスープと足りない分を醤油や食塩、鳥ガラ、豚脂などで整えたスープにあわせてみた。

画像 替え玉でラーメン作るよー

画像 なんか寂しい。袋めんなどの余った粉末スープを利用してもいい

 これだけだとさみしいので「麺屋武蔵ラーメンバーガー」のチャーシューを添え、冷蔵庫にあったメンマや煮卵、ナルトを足してみた。本当はネギがほしかったところ。とはいえ、とりあえず完成!

画像 完成! 「麺屋武蔵ラーメンバーガー」で作ったラーメンの誕生です

 なんかいろいろ間違っている気がするが考えないことにして実食。いただきます!

 ん?

 んん? ……うん。ズズ……ズズズズズ……。

 う、美味い……!

 意外と美味いじゃないですか。予想に反して普通のラーメンでした。もちろん、ちゃんとしたラーメン屋で食べたほうがもっと美味しいのでしょうが、家で食べるラーメンとしてそこそこの出来。ちなみにバーガーにはさんである焼いてあるラーメン(パティ)でもやってみたのですが、こちらはいまいちでした。まずは普通に食べて、少し飽きがきたらお試しあれ。

結論:ラーメン食べたかったら「麺屋武蔵」に行った方がいい。「麺屋武蔵ラーメンバーガー」食べたいならバーガーで食べたほうが美味しい。でも替え玉はラーメンにしたら美味しい!

 以上です。ごちそうさまでした。

画像 バンズをひたして食べても美味しい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた