ニュース
» 2013年07月02日 15時36分 公開

「無慈悲な質問」飛ぶも盛り上がりは控えめ 2回目のネット党首討論、ニコニコに期待するもの

前回より注目度が下がったネット党首討論。視聴者からの質問は切れ味抜群だったが、ニコニコの持ち味が封印されているようにも感じる。

[高橋史彦,ねとらぼ]

 6月28日、東京・六本木のニコファーレでniconico主催の「ネット党首討論会」が開催された。安倍晋三首相(自民党総裁)や民主党の海江田万里代表ら与野党8党の党首が出席し、ネット視聴者からの質問を基に討論を行った。

画像

注目度下がる

 ネット党首討論会は昨年11月に続く2回目。事前の告知が少なかったこともあってか、前回は視聴者数約140万人・投稿コメント数55万件だったの対し、今回はそれぞれ約10万人・38万件と大幅に下回り、視聴者によるミラー配信も減少した。前回不参加だった日本維新の会は、橋下徹代表が当初出席予定だったが、直前になって公務のため欠席した。


画像画像 当日の番組欄。裏では、山井投手(中日)がノーヒットノーランを達成し盛り上がっていた。ミラー配信も少なめ。前回は50件以上あった

画像 日本維新の会・橋下代表のコメントを司会者が代読。「結婚式」を連想する人多数

自民・共産の人気が高い

 討論は、あらかじめ視聴者から募集した「経済政策について」「外交について」「各党首に聞きたい事、言いたい事」のテーマで進行。質問内容の選択には、ニコニコ生放送のアンケート機能が活用された。各党首が議論する機会は前回より増えていたが、1度の発言時間は1分〜1分30秒と短く、各党や代表個人によるイメージが強調される結果となった。

 視聴者コメントでは「安倍総理支持します!」「Cさん(共産党・志位和夫委員長のこと)!」など自民党と共産党の注目度が高かった。また、生活の党・小沢一郎代表に対しては「久しぶり」「元気がなさそう」と心配する声が少なくなかった。

画像 支持コメントの多かった安倍首相
画像 「Cさん」大人気

切れ味抜群の視聴者質問

 興味深かったポイントは、各党代表に対する視聴者からの指名質問。アンケートで選択された内容は、いずれも切れ味抜群だった。例えば、社会民主党・福島みずほ党首に向けられた質問は「党員が数人しかいない社民党ですが、なぜ議員の数を増やさないのでしょうか? あまり少ない人数では、政権を握ることもできないので、国を変えられないと思うのですが」。これには「無慈悲な質問」とするコメントもあったが、福島党首は「国会議員をとにかく増やしたいと思っています。増やしたくて増やしたくてたまりませんので、参議院選挙で本当によろしくお願いします」と率直に応答。忌憚なき意見のやりとりにはネットならではの可能性を感じさせられた。

画像 社民党への質問。「wwwwww」だらけ
画像 児ポ法改正案では自民党にも批判コメント

 また、討論会終盤に児童ポルノ禁止法改正案の是非について各代表に問われると、コメントの雰囲気が一変。改正案に前向きな自民党・公明党には厳しい声が寄せられ、反対した他6党はいずれも高い支持を得ていた。

niconico武器を封印

 しかし、こうした視聴者からのコメントが会場に流れたシーンは最初と最後だけのごくわずかな時間だった。通常のニコニコ生放送では、出演者はコメント閲覧モニターなどを通じて“空気を読みながら”進めることができる。コメントというフィードバックがあることが、従来のテレビ中継にはないniconicoの持ち味だが、2回目となる討論会でも本領は伏せられたままだった。


画像画像

 近年、視聴者の声を“抑制力”として機能させながら議論することは民主主義において極めて重要であるといった言説が注目されており、昨年の内閣府ではニコニコ生放送とTwitterのコメントを流しながら行う議論も実施された。今春には、みんなの党が参院選候補者の選考模様を中継するなど、新しい試みも増えてきている。

 今夏の参院選(7月4日公示・21日投開票)から、インターネットによる選挙運動が解禁される。政治とネットの関係が深化するなか、niconicoが担う役割も大きくなってくるはずだ。その時、自ら武器を封じることなく、持ち味を生かし続けてくれるよう期待したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる