ニュース
» 2013年07月08日 09時33分 公開

必要とされてはいるけれど…… 「リサーチ男子」の切ない実態モテ機 Vol.59

「都合のいい女」という言葉があるが、実は「都合のいい男」もいる。その一種で、グルメやお出かけスポットの“リサーチ役”として頼られる「リサーチ男子」を取り上げたい。

[池田園子,ねとらぼ]

 昭和期の懐かしい「便利男子」といえば、「アッシー」や「メッシー」「ミツグ君」。今や絶滅危惧種となっているが、彼らが現代風によみがえって、続々と登場していることに、皆さんお気づきだろうか。何パターンか存在するが、今回は美味しいグルメや注目スポットに関して、女子から絶大な信頼を寄せられている(でも恋愛対象ではない)「リサーチ男子」の特徴について紹介したい。あなたもリサーチ男子になっていないだろうか。今すぐチェック!

 リサーチ男子は下記で紹介する、3種類の頼られ方をすることが多い。

おいしいお店を教えて!

 「あまり馴染みのない場所へ出かけたときに、『○駅近くでいいお店知らない?』と、グルメ情報にやたら詳しい男友達に、毎回超ざっくりなメールを投げます。すると、いつも3〜4店リストアップして、店舗名とURL、彼のおすすめメニュー、一押しポイントをまとめて送ってくれるんです。イイ人すぎません?」と話すのは、メーカーに勤める27歳のA子。送られてきたメールの内容は、後でエリアごとにエクセルにまとめているらしい。A子もマメだが、この男子のマメさ・丁寧さたるや、目を見張るものがある。几帳面な性格もあるのだろう。周りにひとりはいてほしいタイプの、デキる男系リサーチ男子だ。

 一方、ざっくりした聞き方ではなく、知りたいことを絞って聞くと話すのは、官公庁に勤める26歳のB子。「例えば『下北沢にあるカレー屋さんで一番辛い店どこ?』とか『中目黒で一番雰囲気がいい焼肉屋さんってどこ?』など、具体的なお店を聞くと教えてくれる男友達がいます。おしゃれな街のグルメ情報は、大抵押さえている人なので、基本的に何でも答えてくれますね」。

 一緒にデートするわけでもないのにネットを検索するリサーチ男子の後ろ姿が目に浮かぶ。なんだか切ない。そのほかにも、「男友達がおいしそうな写真をFacebookにアップしたときだけ、『この店どこなの? 気になる!』とコメントします。ほかの投稿はあまり見てないけど(笑)」と話す人も。グルメリサーチ男子の、なかなか悲しい生態が明らかになった。

観光・デートスポットを教えて!

 観光やデート向けの最新スポット・注目スポットの紹介を頼まれる「スポットリサーチ男子」も少なくない。「地方に住んでいる親が2〜3年に1回、東京観光に来るのですが、どこへ連れて行くと面白いのか、あまり分からないんです。私が23区内に住んでいないせいか、都心の最新スポットに疎くて……」と話すのは、劇場に勤める25歳のC子。都内に住むミーハー系男子に、今どんなスポットが流行っているのか、教えてもらうのだそう。「彼はIT企業に勤めていて引き出しが多い人。休日はひとりで色んなところへ出かけているみたいなので、スポットに詳しいことは確かです。いつも私が知らない情報をくれるので、勉強になります」と、彼のリサーチ力に感謝していた。

 スポットのほか、交通情報まで教えてもらうと話すツワモノもいる。「『○○温泉に行きたいんだけど、特急を使うのがいいのか、新幹線+電車がいいのか、どっちがおトク? どっちが早く着く?』みたいな交通情報は必ず、旅行好きな男友達に聞いています。彼、電車にも詳しいんですよね」とは、出版社に勤める30歳のD子。一緒に出かけたり、旅行に行ったりするわけでもないのに、いい人すぎるよ、このリサーチ男子たちは! 彼らのやさしさ、ちょっと泣けるわ……。

使える家電/ガジェットを教えて!

 最後に紹介するのは「家電/ガジェットリサーチ男子」だ。「家電好き」「ガジェット好き」を公言していると、この手の便利男子として使われやすい。「最新のものを常にチェックしている、家電好き男子がいるのですが、大きな買い物をするときには、いつも彼に『どのメーカーのがおすすめ?』と聞きます。毎回大満足な買い物ができます」と話すのは、編集プロダクションに勤める27歳のE子。価格比較サイトを見るのもいいけれど、身近に詳しく話を聞ける男子がいれば、頼りたくなるのも分かる。

 彼とは知り合って2年くらいということだが、これまで何度も相談しているという。恋心があると誤解されない? 「それは全くないです。彼も私以外に複数の女子から、家電について“問い合わせ”があるらしくて。彼にとって、頼られることが、むしろ快感のようですね」。得意分野で頼られることに多大なる満足感をおぼえているというのは、恋愛対象と見られていなくても、とても幸せなことなのかもしれない。

 話題のグルメ・注目スポット・家電/ガジェット情報を知りたい女子からは、常に頼られまくりなリサーチ男子だけれど、決して「モテている」「恋愛対象として見られている」というわけではないようだ。一度リサーチ男子の扱いを受けてしまうと、恋人候補に昇格するのは結構難しい。というわけで、上記をチェックして、都合のいい男で終わらないようにしていただきたい。

※編集部注:
筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げた点に注意したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。
もちろん、ただ親切なだけの男性もいると思いますよ。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響