ニュース
» 2013年11月11日 10時55分 公開

日本地図センター、東京と横浜の明治から現在までにおける街の変遷がわかるiPad向けアプリ「東京時層地図 for iPad」を提供開始

東京および横浜の7つの時期(文明開化期、明治のおわり、関東地震直前、昭和戦前期、高度成長前夜、バブル期、現代)の変遷が見られる。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

東京と横浜の明治から現在までにおける街の変遷がわかる地図アプリ「東京時層地図 for iPad」が提供開始!

日本地図センターは7日、明治から現代までの時間を軸に東京と横浜の変遷がわかるiPad向けアプリ「東京時層地図 for iPad」を提供開始したとお知らせしています。アプリ配信マーケット「App Store」からダウンロード・インストールすることができ、価格は2500円となっています。

すでにiPhone向けが提供されていましたが、iPad向けでは、iPhone向けアプリ「東京時層地図」および「横濱時層地図」の2つで表示できる範囲が収録されており、iPhone向けにはない2画面表示やブックマーク、ヘディングアップ表示、地名検索機能などに対応しているとのこと。

東京時層地図 for iPadは、明治から現代までの時間を軸に街の変遷がわかる地図アプリです。

東京および横浜の7つの時期(文明開化期、明治のおわり、関東地震直前、昭和戦前期、高度成長前夜、バブル期、現代)、さらに現在の航空写真や地形などの合計10種類を閲覧できます。また、GPSによる現在地を古地図の上で表示することもできるようになっています。

なお、公式サイトでは、2020年に開催予定の「東京オリンピック・パラリンピック」における会場一覧の東京時層地図用ブックマーク一覧を掲載し、Webブラウザーからブックマークをタップするとアプリの古地図上で会場の位置を確認できるといった試みも行われています。

記事執筆:memn0ck

アプリ名:東京時層地図 for iPad

価格:\2,500

カテゴリ:ナビゲーション

開発者:Japan Map Center, Inc.

バージョン:1.0.0

条件:iOS 5.1 以降。 iPad 対応。

iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id674590967?mt=8


■関連リンク

記事提供元:エスマックス

livedoor CC-BY-ND

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた