ニュース
» 2013年11月21日 15時10分 公開

圧巻のツッコミ芸をもう1度:「多崎つくる」Amazonレビューが「とてつもない」と話題になったドリーさん、ガイド本「村上春樹いじり」出版

村上春樹の長編13作品を「本音一辺倒」で完全ガイド……! 目次だけで切れ味抜群です。

[ねとらぼ]

 Amazon.co.jpに投稿された「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹)のレビューがとてつもないとネットで話題になったことを覚えていますか。歯に衣着せぬ物言いで本作をディスりまくり、それがある種の芸の域に達していて2万人以上が「参考になった」と評価。「本編よりおもしろい」という声まであがりました。そのレビューの作者ドリーさんがなんと本を出しました。タイトルはずばり「村上春樹いじり」です。

画像

 同書は村上春樹の長編13作品を「本音一辺倒」で完全ガイド。春樹が好きな人も、嫌いな人も、読んだことがない人でも楽しめるそうです。目次を見てみると「不快の域に達するコーヒー押し、および『知らんがな問題』――羊をめぐる冒険」「伏線を回収しない春樹によってもたらされた地味〜な冒険譚――ねじまき鳥クロニクル」「春樹文学史上、最もリアクションしづらい小説――アフターダーク」「オシャンティーじゃないものに冷たすぎる春樹による『絶望の書』――1Q84」などなど、ドリーさん絶好調! もちろん「多崎つくる」のレビューも収録されています。

 著者紹介によると、作者のドリーさんは1990年岡山県生まれ。2011年に始めたブログ「埋没地蔵の館」でさまざまな書評を展開中。同書は「こんな糞ニートが人生でがんばった魂の結晶ですよ。お願い。買って(ハートマーク)」だそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた