ニュース
» 2013年05月08日 21時03分 公開

村上春樹さん新作はイカ臭い? とてつもないAmazonレビューに1万人が「参考になった」

「本編よりもおもしろい」という声まで。その内容とは――。

[ITmedia]

 村上春樹さんの新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」のAmazonレビュー欄にとてつもない文章があるとネット各地で話題になっています。確認した時点で、およそ1万1000人がレビューを読み、そのうち95%以上が「参考になった」と投票しています。一体どんな内容なんでしょうか。

画像 これがそのレビュー。「本編よりもおもしろい」というコメントが付いています

 レビュー欄を見ると、まずとても長い文章があることに気がつきます。字数はなんと6000字超。原稿用紙15枚以上という気合いの入りようです。気になる星の数はたった1つ。そう、内容はずばり酷評そのものです。歯に衣着せぬ物言いで本作をディスりまくっているのですが、それがある種の芸の域に達しているため、高評価を獲得しているのでしょう。

 レビュータイトルは「孤独なサラリーマンのイカ臭い妄想小説」。なかなか挑発的な感じですが、本文も冒頭からハイテンションでスタートします。いきなり、テレビ番組「王様のブランチ」の本紹介コーナーでの一幕を想像してみせ、それから自身の春樹作品に対するスタンスを説明し始めます。

 「『風の歌を聴け』をはじめて読んだときは衝撃をうけました。その主人公のあまりのオシャンティーぶりに全身から血の気が引きそうになったのを覚えております。だって……あれだぜ……。ジャズバーにいたら自然と女が寄ってきて、そんで全然そんな気ないのに、ちょっと会話してたらもう部屋に連れ込めてるんだぜ?」と、オシャンティー(お洒落)などの用語を使い、小説の描写を例に上げつつ、それらにツッコミを入れていきます。

 例えば、本作の主人公・多崎つくるが孤独な人物であることを説明する描写――「1人暮らしの部屋に戻ると床に座り、壁にもたれて死について、あるいは生の欠落について思いを巡らせた。彼の前には暗い淵が大きな口を開け、地球の芯にまでまっすぐ通じていた」――に対し、「いちいち言い方がおおげさ」「暗い淵が地球の芯にまでって……いくらなんでも深すぎ」などと細かくツッコミます。ちなみに、「イカ臭い」とは“思春期をこじらせた中学生が使いそうな言い回し”を指しているとのこと。

 レビュー主は、主人公がぼっちという設定には共感を抱いたものの、すぐに、「あ、これはおいらとは違う」と思い直します。序盤の20ページくらいで、主人公は恵比寿のバーで女性と会話をはじめ、さらにバーに入った理由が「とりあえずチーズかナッツでもつまもうかと思ったから」ということで、以下、怒涛の引用とディスが続きます。

 ツッコミの矛先はほかのキャラにも向けられます。主人公の友人のせりふ「俺は思うんだが、事実というのは砂に埋もれた都市のようなものだ……」については、「福山雅治なら許されます。ガリレオのときの雅治なら許されます。しかし、それ以外は、断じて許されません」と強い口調で訴えます。こうした比喩をよく使うことと、独特のリズムを持った文体がこのレビューの特徴です。

 最終段落では、レビュー主が本作になじめなかった理由と、ある閃きについて書かれているのですが、それはネタバレ要素が含まれるため、伏せておきます。気になった人は是非、Amazonにアクセスして原文を確認してみてください。なお、文中には「オス!おいら多崎つくる!」ではじまる怒涛の要約があり、これが500字以内でコンパクトにまとまったあらすじとなっており、一読の価値があります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」