ニュース
» 2013年12月09日 13時20分 公開

「歩きスマホは危険」の警鐘の中、アプリ「歩きスマホは危険じゃない」が登場

スマホの画面に前方を写しながら文章作成できるアプリ。

[ねとらぼ]

 スマートフォンの画面を見つめながら歩行する「歩きスマホ」について警察や鉄道会社が注意を呼びかける中、カメラ機能を使って前方を画面に写すiOSアプリ「歩きスマホは危険じゃない」がこのほどリリースされました。

画像画像 カメラから前の風景を画面背景に写しながら、文章の作成が可能

 アプリは、カメラの映像を背景に、半透明のキーパッドで文章を作成できるもの。入力文字も半透明になるほか、設定画面では文字の色を変えたりカメラのフラッシュライトを点灯したりできます。作った文章は、メールやFacebook、Twitter、LINEなどのアプリ画面にワンタッチで切り替えてコピー&ペーストして送れます。

画像 文字色の変更などもできる

 文字を打つことに集中して視野が狭くなることもあるので、必ずしも歩きスマホの危険性をなくすものではありません。発想はユニークですが、やはり歩きスマホはしないほうが安全でしょう。対応機種はiOS 7.0以降、App Storeから無料でダウンロードできます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」