ニュース
» 2014年01月10日 18時00分 公開

海外のファンが制作した「実写版マクロス」公開 クオリティがガチすぎる!

ファンによる自主制作でありながら、完成度が半端ない。

[ねとらぼ]

 昨年1月に紹介した、海外ファン制作によるガチクオリティの「実写版マクロス」の第1章が完成しました。アルゼンチンのファンによる作品なため、セリフはスペイン語ですが、YouTubeには英語・日本語字幕付きで投稿されています。

動画が取得できませんでした
公式サイト。タイトルが「ROBOTECH」なのは、アルゼンチンでは話数関係から「超時空要塞マクロス」「超時空騎団サザンクロス」「機甲創世記モスピーダ」の3作品を同一世界の異なる時代の世界観として翻案、再編集し「ロボテック」として放送していたため

 本編は約10分で、ストーリーはこんな感じ。「1999年、南太平洋に巨大宇宙船が落下。現地入りした調査班が宇宙船から未知のテクノロジーを供給され、それをもとに軍用試作機を開発するヴァルキリー計画が発足。2005年、アルゼンチンの国際宇宙軍で同計画に携わる若手研究者の主人公は、謎の少女・イブ(人工知能システムらしい)に遭遇し、何かが変化する。同じころ、宇宙の彼方ではゼントランたちが落下した件の宇宙船を捜索していた――」

“デカルチャー”な指揮で何かやらかした異星人
タイトルロゴ
1999年に巨大宇宙船が南太平洋に落下
調査班が宇宙船を発見
主人公。宇宙船で見つけた技術で軍用試作機を開発中
試作機の名前は「ヴァルテック」。可変機
謎の少女イブ。人工知能システムらしい
実験中の機体。戦闘機形態に
落下した宇宙船を捜索中のゼントラン

 予告編から尋常ではない様子でしたが、本編は想像以上にシリアスでガチな内容となっています。CGを活用した映像はもちろん、イケメン主人公らの演技も気合が入っています。ちなみに、とってもいい感じのところで途切れるため、「続きはよ!! また1年後だったらどうしよう」と少し心配していたところ、どうやら1月10日中にも第2章が公開されるみたいです。やった!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」