ニュース
» 2014年01月10日 18時00分 公開

海外のファンが制作した「実写版マクロス」公開 クオリティがガチすぎる!

ファンによる自主制作でありながら、完成度が半端ない。

[ねとらぼ]

 昨年1月に紹介した、海外ファン制作によるガチクオリティの「実写版マクロス」の第1章が完成しました。アルゼンチンのファンによる作品なため、セリフはスペイン語ですが、YouTubeには英語・日本語字幕付きで投稿されています。

動画が取得できませんでした
公式サイト。タイトルが「ROBOTECH」なのは、アルゼンチンでは話数関係から「超時空要塞マクロス」「超時空騎団サザンクロス」「機甲創世記モスピーダ」の3作品を同一世界の異なる時代の世界観として翻案、再編集し「ロボテック」として放送していたため

 本編は約10分で、ストーリーはこんな感じ。「1999年、南太平洋に巨大宇宙船が落下。現地入りした調査班が宇宙船から未知のテクノロジーを供給され、それをもとに軍用試作機を開発するヴァルキリー計画が発足。2005年、アルゼンチンの国際宇宙軍で同計画に携わる若手研究者の主人公は、謎の少女・イブ(人工知能システムらしい)に遭遇し、何かが変化する。同じころ、宇宙の彼方ではゼントランたちが落下した件の宇宙船を捜索していた――」

“デカルチャー”な指揮で何かやらかした異星人
タイトルロゴ
1999年に巨大宇宙船が南太平洋に落下
調査班が宇宙船を発見
主人公。宇宙船で見つけた技術で軍用試作機を開発中
試作機の名前は「ヴァルテック」。可変機
謎の少女イブ。人工知能システムらしい
実験中の機体。戦闘機形態に
落下した宇宙船を捜索中のゼントラン

 予告編から尋常ではない様子でしたが、本編は想像以上にシリアスでガチな内容となっています。CGを活用した映像はもちろん、イケメン主人公らの演技も気合が入っています。ちなみに、とってもいい感じのところで途切れるため、「続きはよ!! また1年後だったらどうしよう」と少し心配していたところ、どうやら1月10日中にも第2章が公開されるみたいです。やった!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響